泰勇気の「ギャラリー・ロボットL@VE」

 私、泰勇気の描いたイラストやコレクション(プラモや玩具)を、思い入れと共にご紹介していくブログです。(画像、文章の無断転載は禁止とさせていただきます。)

プロフィール

ロボ勇気

Author:ロボ勇気
 三度の飯よりロボが好き。そんな僕が「作ったり」「買ったり」「描いたり」したロボをご覧頂きたく、ブログギャラリーを始めました。
 リンクフリーです。コメントどしどし募集中です。よろしく!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
TOP > スポンサー広告 > ・HG1/100ガンダムサンドロックカスタムTOP > 1/100 > ・HG1/100ガンダムサンドロックカスタム

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・HG1/100ガンダムサンドロックカスタム   2012.05.22

テーマ:ガンプラ大好き - ジャンル:趣味・実用
 不織布製のマントパーツが珍しい、サンドロックカスタムです。先日EWアーリー版のサンドロックがキット化しており、近々このカスタムもMGでキット化するのではないかと思いつつ、基本通り組み上げました。
 近年のキットと比べるとやはり継ぎ目の生じる部分が遠慮なく、いかにバンダイさんのプラモデル開発技術が向上しているのかを実感します。
sandorock-custam1.jpg
 ヒートショーテルの刃はスモークグレーがかったクリアアパーツで再現。両手に持たせることもできます。

sandorock-custam2.jpg
 パーツ分割が中々優秀で、組み立ててシールを使うだけでも劇中のイメージに近い完成品にはなります。肩アーマーなどの塗りわけでマスキングテープを貼る作業をしていると、なんとなく「プラモ作ってるな~」っていう気になります。

sandorock-custam3.jpg
 ヒートショーテルはバックパックにマウントが可能。カトキさんのサンドロック、独特なシルエットになります。

sandorock-custam4.jpg
 ヒートショーテルをマウントしたままでも自立できますが、ちょうどヒートショーテルがつっかえ棒になる位置にあるので、凄く安定します。

sandorock-custam5.jpg
 このキットの特徴のひとつ、不織布で再現されたマントを装備。そのままだと形が整いすぎていたり折り目が付いてしまったりするので、そこに手を加えると良かったかも。

sandorock-custam6.jpg
 砂漠の王子、といった雰囲気のマントを羽織ったサンドロック。よく似合っていますね。

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)

 不織布製のマントパーツが珍しい、サンドロックカスタムです。先日EWアーリー版のサンドロックがキット化しており、近々このカスタムもMGでキット化するのではないかと思いつつ、

まとめwoネタ速neo | 2012.05.22
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。