泰勇気の「ギャラリー・ロボットL@VE」

 私、泰勇気の描いたイラストやコレクション(プラモや玩具)を、思い入れと共にご紹介していくブログです。(画像、文章の無断転載は禁止とさせていただきます。)

プロフィール

ロボ勇気

Author:ロボ勇気
 三度の飯よりロボが好き。そんな僕が「作ったり」「買ったり」「描いたり」したロボをご覧頂きたく、ブログギャラリーを始めました。
 リンクフリーです。コメントどしどし募集中です。よろしく!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
TOP > スポンサー広告 > ・WildKräheTOP > 1/144 > ・WildKrähe

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・WildKrähe   2010.09.07

 今回は多数のガンプラからパーツを寄せ集めて制作した、パーソナルトルーパー風の機体です。名前もそれにちなんで「WildKrähe(ビルトクレーエ)」としてみました。

変形3コピー
 巨大なシールドとロングビームライフル、背部の翼が特徴でしょうか。イメージ的には簡易可変PTの量産試作機を想定しています。なので既存の可変PTと比べると、変形機構はかなりシンプルです。
 ライフルは1/144ガンダムDXのサテライトキャノン、シールドは1/144ガンダムエアマスターバースト、両腕はHGガンダムキュリオス、ボディはHGストライクノワール、両脚はHGセイバーガンダム、翼はHGオオワシアカツキガンダムと、本当に様々なキットからの流用になっています。

ポーズ10コピー
 やはり翼が大きいです。でもバックパック自体は意外とコンパクトにまとめています。変形の際に大きく動く部分なので、フライヤーモード時に機体の厚みが増さないように気を付けて作りました。

武装右コピー
 肩アーマー内側には市販のバーニアパーツを接着。両脚の外装は、HGUCのZガンダムの脚を加工して使用。

 顔はゴーグルタイプです。V字アンテナを付けるとガンダムになってしまうので、PTの証である「耳」を付けてあります。胸部のマルチセンサーは市販パーツの組み合わせです。
 カラーリングですが暗い色合いになっているので、各所に白を配置して引き締め、ポイントとして赤をちりばめています。

変形3コピー
 可変機なので、変形も披露いたしましょう。まずシールドとライフルを外します。シールドと腕には磁石が仕込んであるので接続ピンはありません。

変形2コピー
 シールドとライフルを合体させます。ライフルにも磁石が仕込んであるので、この合体も磁力を利用した合体になってます。

変形1.5コピー
 正位置から見るとこうなります。

変形4.5コピー
 頭部と腰を180°回転させ、両肩アーマーを上に跳ね上げます。

変形6コピー
 テールスタビライザーを起こし、

変形7コピー
 バックパックを下方に倒します。

変形10コピー
 膝関節を写真のように変形させ、

変形9コピー
 膝アーマーの中にプラズマソードを収めます。

変形11コピー
 背面に先ほどのシールドとライフルを合体させれば、フライヤーモードの完成です。ここも磁石を使った合体になっています。今回ライフル、腕、背中、シールドに合計5個のネオジウム磁石を使用しました。とても電子機器には近づけさせられません。

飛行13コピー
 あまりみたくありませんが、裏から見るとこんな感じです。

飛行2コピー
 腰部はストライクノワールの流用なので、ガンプラ用のフライングベースが使えます。

 ポーズ2コピー
 もちろん、PT形態でもフライングベースを使ったポージングができます。

 ポーズ3コピー
 シールドの先端にはバルカン砲があるので、こんな攻撃姿勢もあったり。

 専門の方に作品を見ていただいたところ、「両耳」があることで一応PTと認めていただくことができました。
 PTもどんどんデザインが凝ってきているので、オリジナルでPTを考えるのも結構大変です。各部の赤い小さなプレートパーツでモビルスーツとの差別化を図ったのですが、完全とは言えなかったようです。

COMMENT

コメントありがとう!

ポックルさん、コメントありがとうございます! まったくもって趣味全開のこのブログ、よく見つけてくださいました。ファルゲンやZプラスがお好きとは、趣味が合いますな~。
またたまに覗きにいらしてください~。

2011.04.21 | URL | 勇気 #HX8EHCgA [ 編集 ]

 はじめまして!
 プラモデルの作例をイメージ検索してたどり着きましたが、まさか泰さんのHPだったとは!

 作例を拝見して、フルスクラッチを思わせるほど上手くパーツや塗装をまとめられているのも凄いと思いましたが、なにより「アニメ映えしそう」なデザインセンスに強い個性を感じました。

 こちらの「ビルトクレーエ」もドラグナーに登場した「ファルゲン・マッフ」をより航空機的にしたようなスタイルとカラーリングが格好いいです!
 個人的にZプラスC1のような航空機的で、長砲身の武装を持つ可変機が好きなのでこの機体はまさにどストライクでした。

 ご多忙とは存じますが、これからも是非こちらのブログの更新も頑張ってください。

2011.04.15 | URL | ポックル #i1jUUG.6 [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。