泰勇気の「ギャラリー・ロボットL@VE」

 私、泰勇気の描いたイラストやコレクション(プラモや玩具)を、思い入れと共にご紹介していくブログです。(画像、文章の無断転載は禁止とさせていただきます。)

プロフィール

ロボ勇気

Author:ロボ勇気
 三度の飯よりロボが好き。そんな僕が「作ったり」「買ったり」「描いたり」したロボをご覧頂きたく、ブログギャラリーを始めました。
 リンクフリーです。コメントどしどし募集中です。よろしく!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
TOP > スポンサー広告 > ・ソルティックH8 ラウンドフェイサー・スナイパー その2TOP > 1/72 > ・ソルティックH8 ラウンドフェイサー・スナイパー その2

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・ソルティックH8 ラウンドフェイサー・スナイパー その2   2014.10.06

solticbasutoappu.jpg
 前回は追加したマントのためにラウンドフェイサー本体がほとんど見えなかったため、こちらではマントを外した状態でご紹介させていただきます。
 ドライブラシや砂のウェザリングは今回が初めてなので、色々と突っ込みどころがあるかもしれません。

・マントなし正面
soltic正面
 全体的なプロポーションに変更はありません。元のキットのままで申し分のないラウンドフェイサーに組みあがります。
 ボディの成型色は主に濃いグリーンで、ガイアノーツさんからも推奨のカラーが発売されております。ですが今回は荒野にに溶け込むカラーリングにするために、胸部などはGSIクレオスさんのブラウンFS30219を使用。太腿などはガイアノーツさんのダグラムカラーCB-09 ライトブラウン、を使用しています。

・マントなし背
soltic背 soltic背右
 背中にはロケットポッドを搭載するジョイントがありますが、この機体の任務的には不要と判断して装備させませんでした。

頭部
solticbasutoappu.jpg
 頭部のパイプパーツはキットのものは使わずに、市販のパイプの中にガイドとなるアルミ線を通したものに置き換えました。
 胸元はマントのチェーンが擦れると思うのでタミヤさんのエナメルカラーシルバーで塗装剥げを表現しています。

コクピット
solticコクピット1
 コクピットの中もパイロットも塗装してあります。任務に実直で口数も少なく、視力も高いベテランパイロットさんです。
solticコクピット2
 コクピット正面のコンソールはキットのデカールを使用。キャノピーは裏側からガイアノーツさんのクリアブラックを塗装して、スモークガラスのようにしてあります。

右肩シールド
soltic追加タンク1
 右肩シールドの裏には、長時間の待機任務に備えて水の入ったジェリ缶を設置。ジェリ缶はハセガワさんの1/72野営セットの物を使用。固定具はプラ版で再現しました。
soltic汚し右肩
 シールドの表側にはシルバーでドライブラシを施し塗装剥げを表現。やりすぎてもうるさいし少なくてもつまらないし、考えながら作業するのが楽しかったです。

・左肩シールド
soltic追加パネル
 左肩のシールド裏もそのままでは寂しかったのでパネルパーツを追加しました。
soltic汚し左肩
 左肩シールドも右側と同様に、様子を見ながらドライブラシ。「11」は個人的に好きな番号です。

右前腕
soltic汚し右腕
 ライフルを取り扱うということを考えて、手首と前腕部装甲には少し派手目にドライブラシを施しています。

・チェーンガン
solticチェーンガン

 両腕の装甲の下には真鍮パイプでチェーンガンを再現。

左前腕
soltic汚し左腕
 右腕よりは控えめなドライブラシ。

腰部、追加ジェリ缶
soltic追加タンク2
 腰右側にもジェリ缶を追加。固定具はプラ版で作成。

太腿周辺
soltic汚し左太もも
 太腿はフロントスカートがしょっちゅうぶつかると想定してドライブラシ。

腰部装甲
solticスカート裏2 solticスカート裏1
 腰のアーマー裏もディテールが少なかったので市販パーツでデコレーションしました。

右足
soltic汚し右足
 足首の砂汚れは主に100円均一のファンデーションを砕いたものを、アクリル溶剤に浸した筆で拾って擦りつけて固定。本物の砂やジオラマ用の砂では粒の大きさがスケール的に大きすぎて不自然なので、このくらい細かい粒子のほうが相性が良いみたいです。

左足
soltic汚し左足
 足首は脛の装甲が擦れることもあると思うので、そのあたりも考えながら塗装剥げを再現。

 ここからは汚しを施す前の一部の写真になります。
soltic未塗装1
 基本塗装を施し、GSIクレオスさんのチップコートつや消しでコーティング。

soltic未塗装2
 各部もまだまだきれいです。
soltic未塗装3

soltic試作マント
 マントは一度施策していましたが、目の大きさがあまりにもスケール感に合わないので作り直しました。

 次回は、このラウンドフェイサーを持って屋外での撮影を行いましたので、その模様をお届けしたいと思います。
 ご覧いただきましてありがとうございました。

 ではでは。

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。