泰勇気の「ギャラリー・ロボットL@VE」

 私、泰勇気の描いたイラストやコレクション(プラモや玩具)を、思い入れと共にご紹介していくブログです。(画像、文章の無断転載は禁止とさせていただきます。)

プロフィール

ロボ勇気

Author:ロボ勇気
 三度の飯よりロボが好き。そんな僕が「作ったり」「買ったり」「描いたり」したロボをご覧頂きたく、ブログギャラリーを始めました。
 リンクフリーです。コメントどしどし募集中です。よろしく!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
TOP > スポンサー広告 > YGP-G03 GUNDAM BRAVER Mk-ⅢTOP > 1/144 > YGP-G03 GUNDAM BRAVER Mk-Ⅲ

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YGP-G03 GUNDAM BRAVER Mk-Ⅲ   2014.05.16

BRAVER3_0.jpg
 2014年4月27日まで行われていた「第6回アソビットシティプラモデルコンテスト ビルドファイターズ編~俺のガンプラ最強伝説~」に参加すべくガンプラを一体、組み上げました!!
 ただし、コンテストの存在を知ったのが締切の二日前であったため、およそ36時間しか作業が出来ず、限られた時間で最後まで形にするという貴重な経験をしました。

FRONT
BRAVER3_1.jpg
 ガンプラのパーツによるミキシングビルドで、作業時間との兼ね合いから流用したパーツの形状はほとんど加工せずに使用しております。

俯瞰
BRAVER3_2.jpg
 宇宙世紀、西暦、コズミックイラ、アフターウォー、様々な世界観からの流用でも塗装で統一感を出せばそこそこまとまって見えます。

SIDE
BRAVER3_3.jpg
 コンテスト用ということもあり、派手にポーズが決められる「翼付き」の機体にしました。カラーリングはもう少し凝りたかったのですが、塗装前の状態を心の目で見て浮かんできた色を思いのままに塗りました。一か八かです!!

REAR
BRAVER3_4.jpg
 印象的なバックパックなので、背後から見るとストライクノワールの面影が見えます。

FRONT(装備なし)
BRAVER3_5.jpg
 武器を外したところ。どこに何のパーツが使われているのかがよくわかる一枚です、

REAR(装備なし)
BRAVER3_6.jpg
 装備を外しても後ろからの姿はそれほど変わりませんね。

頭部~胸部
BRAVER3_7.jpg

 頭部はアカツキの物にビルダーズパーツHD MSブレードのアンテナを組み合わせました。アカツキのこの耳が好きなんです。
 胸部はストライクノワール。腕部はガンダムキュリオスをチョイス。肩のボールジョイントがちょうどはまりました。

腕部・腰部
BRAVER3_8.jpg
 キュリオスの左右の腕の丸い部分にネオジム磁石をはめ込んで、シールドやビームライフルを接続できるようにしてあります。
 腰はインフィニットジャスティスガンダムの物。近接武器に乏しかったので、ビームサーベルをマウントできるビルドストライクのサイドスカートを流用しました。変形の都合でここのパーツは薄く抑えておきたかったので、一石二鳥でした。

腹部
BRAVER3_9.jpg
 配色はほぼパーツ単位で済むようにしています。コクピットハッチだけは塗り分けでピンクに。

脚部
BRAVER3_11.jpg
 脚部はセイバーガンダムを基にして、両足外側に1/100ダギ・イルスの脚部のパーツを増加装甲として追加。隙間が生じるので一度ダギ・イルスのパーツにエポパテを盛り付けて、セイバーの足に押し付けて硬化させ、硬化後にセイバーからはがし取り、はみだしたエポパテを削り落として再び接着しました。
 バーニアはビルダーズパーツHD 1/144 MSバーニアからチョイス。やはりバーニアが飛び出していた方が高機動型だということがわかりやすくなります。

BEAM RIFLE
 BRAVER3_12.jpg
 ビームライフルはビルドブースターMk-2のパーツを組み合わせて製作。腕の横に接続して持つというバーザムのそれのようにしてみました。これは通常のライフルのグリップだと、変形させてシールドと接続させるときにグリップを収納しなくてはならなくなり、その可動部の細工と塗装の工程に手間がかかってしまいそうだったので、グリップを収納しなくてもそれほどおかしくならない形はないものかと考えた結果でした。
BRAVER3_13.jpg

SHIELD
BRAVER3_14.jpg
 シールドはご覧のとおりガンダムエアマスターバーストの背中のパーツを流用。一部カットし裏面をプラ版などで隠したのみで、大きな改造はしていません。

POSE
BRAVER3_15.jpg
 地上でライフルを使用している時のイメージです。
BRAVER3_16.jpg
 ですが、やはり翼のある機体は空を飛ばした方が似合います。
BRAVER3_17.jpg

BRAVER3_19.jpg
 シールドとライフルはこのように組み合わせることも可能。

MA MODE
BRAVER3_20.jpg
 MA形態への変形は、ガンダムキュリオス+ウイングガンダム+セイバーガンダム÷3といった感じ。平成になって生まれたこの変形方法は汎用性が高くて便利!

MA FRONT
BRAVER3_21.jpg
 割と薄くてシャープにまとまりました。MA形態時にもビームライフルの発射は可能です。

MA SIDE
BRAVER3_22.jpg
 垂直尾翼もあるし、戦闘機らしく見えますでしょうか。

MA 後方俯瞰
BRAVER3_23.jpg
 このウイングに揚力が発生させられるのかは置いておきましょう。

MA REAR
BRAVER3_24.jpg

BRAVER3_25.jpg

BRAVER3_26.jpg
 ノワールストライカーのソードユニットの柄の部分にピンバイスで穴を彫り、ビームガンとしました。レールガンは元々フレキシブルに動くので、飛行形態でも広い射角を持つ砲台として機能します。

BRAVER3_27.jpg
 火力と機動力を兼ね備えるというコンセプトとしてはうまくまとめられたように思います。

 ちなみにコンテストの結果は・・・
kekka.jpg

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。