泰勇気の「ギャラリー・ロボットL@VE」

 私、泰勇気の描いたイラストやコレクション(プラモや玩具)を、思い入れと共にご紹介していくブログです。(画像、文章の無断転載は禁止とさせていただきます。)

プロフィール

ロボ勇気

Author:ロボ勇気
 三度の飯よりロボが好き。そんな僕が「作ったり」「買ったり」「描いたり」したロボをご覧頂きたく、ブログギャラリーを始めました。
 リンクフリーです。コメントどしどし募集中です。よろしく!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
TOP > スポンサー広告 > ・オートボット科学者 パーセプターTOP > ユナイテッド > ・オートボット科学者 パーセプター

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・オートボット科学者 パーセプター   2012.07.14

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用
 G1では顕微鏡にトランスフォームしていたパーセプターが、ユナイテッドでは後輪がキャタピラ駆動の雪上車のようなビークルモードに変形します。
UNperspter1.jpg
 ビークルモード。フールの上に三連のライトを装備。あまり見たことの無い車輌ですね。パーセプターといえば赤とグリーンと黒という印象ですがこのビークルモードだとグリーンのパーツはほとんど見えません。

UNperspter2.jpg
 ビークルモードはかなりかっちりしています。

UNperspter3.jpg
 ロボットモードはまったくもってパーセプター。両腕の円盤状のパーツなんかはG1のそれを思い出させます。ライトのパーツは変形して肩に装備します。

UNperspter4.jpg
 後ろ姿は今までのパーセプターとは違う印象で、ビークルのボンネットが背中に配置されています。

UNperspter5.jpg
 写真じゃよく見えませんが方の武器にはクリアパーツでターゲットサイトがついています。

UNperspter6.jpg
 ここからは説明書にない変形モード。胸部のパネルが開くことや各部の関節を利用してG1の顕微鏡のような形状にすることが可能です。想定されていない変形でしょうから手首は出っ放し、レンズはパネルには向かないなど、違和感もありますが、雰囲気ってことで。

UNperspter7.jpg
 顕微鏡モードの腕の配置はいくつかアイデアがあって、手首が見えるのが嫌な場合はこんな風にしている方もいらっしゃるみたいです。
 このモード、最初に見つけた人は凄いですね。

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。