泰勇気の「ギャラリー・ロボットL@VE」

 私、泰勇気の描いたイラストやコレクション(プラモや玩具)を、思い入れと共にご紹介していくブログです。(画像、文章の無断転載は禁止とさせていただきます。)

プロフィール

ロボ勇気

Author:ロボ勇気
 三度の飯よりロボが好き。そんな僕が「作ったり」「買ったり」「描いたり」したロボをご覧頂きたく、ブログギャラリーを始めました。
 リンクフリーです。コメントどしどし募集中です。よろしく!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
TOP > スポンサー広告 > ・テラーコン クリフジャンパーTOP > プライム > ・テラーコン クリフジャンパー

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・テラーコン クリフジャンパー   2012.05.28

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用
 先に発売していたファーストエディションのクリフジャンパーをベースにアームズマイクロン用のジョイントと破損した頭部を追加、ボディ外装を紫のクリアに仕様変更されAMシリーズとして発売されたテーラコンクリフジャンパー。可愛そうに、第一話で早々と殺されて・・・。
 がしかし、このAMシリーズでもスタースクリームに貫かれた胸部は再現されていません。そこで今回、AMシリーズの価格の安さに背中を押されてダメージ版を製作してみました。
terrorcon1.jpg
 左胸の穴を中心に、モーターツールでいろんなところをガリガリ。パッケージのCGイラストを参考に傷つけまくってみました。傷つけた部分に、エナメルカラーのシルバーで下地が見えているようにしたかったのですが、外装がクリアパーツでできているためちょっと再現しきれなかったかな。

terrorcon2.jpg
 ビークルモードのまま傷をつけてからロボットモードでもダメージを追加しています。

terrorcon3.jpg
 付属のアームズマイクロンをウェポンモードにして持たせることも可能。アームズマイクロンは説明書にある以外の変形も試せるので工夫してもたせてみましょう。

terrorcon4.jpg
 ちょっと狂気なイメージで。

terrorcon5.jpg
 こんな感じで大胆にダメージを施しました。胸部は電動ドリルで穴をあけたところにデザインナイフをたたきつけるように細かい傷をつけ、穴の中は黒で塗装して雰囲気をだしています。
 線状の傷はモーターツールでガリガリと。

terrorcon6.jpg
 ビークルモードも傷だらけ。エンジンとホイール、マフラーをシルバーで塗装してあります。

terrorcon7.jpg
 フロントの角飾りも切断したりとダメージを加えてあります。

terrorcon8.jpg
 左サイドはこんなダメージ。

terrorcon9.jpg
 左後ろから。テールランプは付属のシールを使用しています。

terrorcon10.jpg
 terrorcon12.jpg
 アームズマイクロンはボンネットなどのジョイントに装着可能。

terrorcon13.jpg
 リアにも装着。他のアームズマイクロンとの組み合わせも可能なので、色んな組み合わせを楽しんでみたいです。

terrorcon14.jpg
 テラーコンクリフジャンパーに付属のアームズマイクロンはチーター型のジダ。どことなくG1のカセットロンのジャガーを思わせるシルエットです。

terrorcon15.jpg
 しっぽにあたる部分がジョイントへの接続パーツになっています。

 AMシリーズは価格も抑え目なので、紙シールに頼らなくて済むところは塗装してしまうのも、自分だけのトランスフォーマーみたいな思い入れが湧くと思いますよ。
 アーシーをG1カラーにしちゃうとかね。

COMMENT

自分も心臓部に穴開けてダメージ加工しました
やっぱりダメージはあった方がカッコイイですよね!

2012.08.25 | URL | 西 #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)

 先に発売していたファーストエディションのクリフジャンパーをベースにアームズマイクロン用のジョイントと破損した頭部を追加、ボディ外装を紫のクリアに仕様変更されAMシリーズ

まとめwoネタ速neo | 2012.05.29
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。