泰勇気の「ギャラリー・ロボットL@VE」

 私、泰勇気の描いたイラストやコレクション(プラモや玩具)を、思い入れと共にご紹介していくブログです。(画像、文章の無断転載は禁止とさせていただきます。)

プロフィール

ロボ勇気

Author:ロボ勇気
 三度の飯よりロボが好き。そんな僕が「作ったり」「買ったり」「描いたり」したロボをご覧頂きたく、ブログギャラリーを始めました。
 リンクフリーです。コメントどしどし募集中です。よろしく!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
TOP > 2016年02月

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・ノンスケール ネオ・グランゾン   2016.02.18

 コトブキヤさんより発売されたノンスケールプラスチックキット「ネオ・グランゾン」
「スーパーロボット大戦」シリーズのファンならばご存知の、敵にすると脅威、味方にすると頼りになるロボットです。
neogranzon0.jpg
 スタイルはキットのまま、後ハメ加工して継ぎ目を極力消し、金属ではない未知の素材と解釈して塗装を施してみました。

neogranzon1.jpg
 ボリュームのある全体像。肩や脹脛などの突起が神々しくも凶悪な印象です。

neogranzon2.jpg
 ボリュームはあるのですが、真横から見ると意外なほどに薄いんです。

neogranzon3.jpg
 背中の「ハリオン創出ヘイロウが目立つ後姿。ネオ・グランゾンの特徴でもあります。

neogranzon5.jpg
 真後ろから見ると尚のこと「バリオン創出ヘイロウ」の存在感が強いです。

neogranzon6.jpg
 頭部は細かくパーツわけがされており目立つ継ぎ目はありません。トゲトゲしてて気を付けないと破損してしまうので、組み立てには注意が必要です。イケメンですな。

neogranzon10.jpg
 僕はこの上腕部分のみ後ハメ加工ができずに、パーツの分割線をモールドとして処理しました。継ぎ目が消せなかったのはここくらいです。

neogranzon7.jpg
 ひざ関節周辺のモールドもとても細かく、隙がありません。

neogranzon16.jpg
 デザインの都合からか、膝はこのくらいまでしか曲げることができません。ただ、ネオ・グランゾンに格闘戦のようなポーズをとらせることもないので、十分でしょうか。

neogranzon4.jpg
 全身の青い部分はこのようにまだらというか模様というか、真綿を使ったマスキングを利用して塗装をし、神秘的なイメージにしました。

neogranzon8.jpg
 とはいえ、両手用の拳が付属しているので正拳突きをさせてみたり。

neogranzon15.jpg
 平手のパーツへの差し替えも可能なので、さまざまな表情のポーズを付けることも可能です。

neogranzon9.jpg
 胸部の縮退砲の展開ギミックも再現されています。塗装をする際はすり合わせをしたほうが良い箇所です。

neogranzon13.jpg
 中にはみっちりとモールドが!

neogranzon11.jpg
 ゲームの中だとこんなアングルでしたっけ。

neogranzon20.jpg
 前腕部のクリアパーツの下にグリーンのメタリックシールを貼り付けてみました。

neogranzon14.jpg
 グランワームソードも付属。宝玉部分を100均のジュエルシールに交換してあります。

neogranzon19.jpg
 ボリュームのある剣ですが、刀身は意外と薄いです。

neogranzon17.jpg
 バリオン創出ヘイロウは簡単に取り外しが可能。ゲーム中では決して見られない後姿です。

neogranzon18.jpg
 背中のスラスター的な部分にはゴールドのメタルシールを貼って、通常兵器のスラスターとは違った印象にしてみました。

neogranzon21.jpg
 箱が大きいので組み立てるのが大変かなと敬遠していたのですが、手を動かしてしまえはあら不思議、
サクサクと組み立ては進み、ほとんどストレスなく完成させることができました。
 ネオ・グランゾン。恐くないですよ!
スポンサーサイト
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。