泰勇気の「ギャラリー・ロボットL@VE」

 私、泰勇気の描いたイラストやコレクション(プラモや玩具)を、思い入れと共にご紹介していくブログです。(画像、文章の無断転載は禁止とさせていただきます。)

プロフィール

ロボ勇気

Author:ロボ勇気
 三度の飯よりロボが好き。そんな僕が「作ったり」「買ったり」「描いたり」したロボをご覧頂きたく、ブログギャラリーを始めました。
 リンクフリーです。コメントどしどし募集中です。よろしく!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
TOP > 2013年12月

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・1/144 YGP-G01 GUNDAM BRAVER   2013.12.07

テーマ:ガンプラ大好き - ジャンル:趣味・実用
BRAVER_p0.jpg
「ガンダムビルドファイターズオリジナルモビルスーツ選手権ガンプラコース」に提出するべく製作しました。レギュレーションでガンプラ以外のプラキットは使用できないので、HG1/144ジャスティスガンダムをベースにミキシングビルドしつつ小改造。最終的にカラーリングを統一して仕上げました。

 BRAVER_0.jpg
 素立ち。
 使用したキット(基本的にHG)を見ていきますと、
・頭部/アカツキガンダムの頭部にデュエルガンダムアサルトシュラウドのアンテナを接着。
・胴体/ジャスティスガンダムのセンターブロックのエッジを削り落とし。肩関節はガンダムキュリオスのもの。
・腰部/ジャスティスガンダムのものをベースにビルドストライクガンダムのビーム砲をサイドアーマーとして装備。フロントアーマーには「勇気」の文字をあしらってみました。
・腕部/セイバーガンダムのものをベースに、リ・ガズィのバーニアパーツを肩アーマーに接着。センサーパーツはビルダーズパーツHDのMSサイトレンズを使用。前腕にはスターゲイザーガンダムのそれを接着。前腕との間にはリ・ガズィのバックウェポンシステムのビーム砲基部のパーツを加工したブロックを挟んであります。
・脚部/リ・ガズィのものをそのまま使用。
・バックパック/セイバーガンダムのバックパックを加工したものに、グフイグナイテッドの翼を装備。飛行形態時の機首になるスタビライザーは、GNアーチャーのものを使用。また、翼のバーニアパーツはビルダーズパーツのものに変更してあります。
BRAVER_1.jpg
 本体はスマートですが、バックパックに面積の広い翼と機首パーツを背負っているため、横から見るとそれなりにボリュームがあります。

BRAVER_2.jpg
 機首パーツ内側はプラ板とビルダーズパーツHDのパネルパーツで埋めました。

BRAVER_3.jpg
 翼と腰のビーム砲で放射状のシルエットを持たせています。

BRAVER_4.jpg
 ジャスティスガンダムの胸部上面にある四角い穴はバーニアパーツで隠しました。

BRAVER_5.jpg
BRAVER_6.jpg

 仮に、戦艦のMSデッキの高さがない場合は翼を下にたたむ事も可能。これだけでもシルエットが随分と大人しくなります。

BRAVER_gun0.jpg
 機動性重視の機体のため、主兵装は小回りの利くビームガンを二丁持ち。

BRAVER_gun1.jpg
 ビームガン自体はビルドストライクガンダムの物を二キット分使用。

BRAVER__sord0.jpg
 右腕装甲内にはビームサーベルを内蔵。

BRAVER__sord1.jpg
 ビーム刃および基部はガンダムキュリオスの物を流用。

BRAVER__sord2.jpg
 接近戦用の武器がないと思わせておいて、隠し武器その一として使用します。

BRAVER_shield0.jpg
 左腕装甲の赤いパーツの下にはネオジム磁石を仕込んであり、
BRAVER_shield1.jpg
同じくネオジム磁石を埋め込んだビームシールドパーツ(ストライクフリーダムガンダムより)を装着してシールド発生状態を再現可能。

BRAVER_armgun.jpg
 そのシールド発生器の下にはビームガンが仕込まれています。これまた相手の不意打ち用の武器。

BRAVER_shield3.jpg
 シールドで防ぎながらサーベルを下段に構え。

BRAVER_shield.jpg
 同じく、ビームガンで応戦。

BRAVER_canon.jpg
 本機最大火力のビームキャノンも勿論使用可能。

BRAVER_p2.jpg
 射撃武器を駆使した空中戦を得意とするイメージです。

BRAVER_sholder.jpg
 肩関節は若干ながらスイングが可能。

BRAVER_flyer0.jpg
「~選手権」に提出できる写真は四枚のみだったため、ここから先の飛行形態は未提出。
 基本的な変形機構はセイバーガンダムに準じています。
 ビームガンにはネオジム磁石を内蔵させてあり、肩アーマーに接続します。このビームガンも腰のビーム砲も、飛行形態時での使用が可能となっています。

BRAVER_flyer1.jpg
 リ・ガズィの脚部の変形はリ・ガズィのギミックのまとまりがよかったため、そのまま。

BRAVER_flyer2.jpg
 ジャスティスガンダムのリニューアルキットに付属する補助パーツを使えば飛行形態でのディスプレイも可能です。

BRAVER_flyer3.jpg
 上空へ飛翔!!

BRAVER_flyer4.jpg
 横から見ると、ビーム砲を吊り下げているような機体形状です。

BRAVER_p1.jpg
 カラーリングは空戦を主体としているため青と白を基調としてして配色。各部の黄色や頭部の赤が差し色となっています。
 アニメの色合いを意識し、艶有りでトップコートしています。
「ガンダムビルドファイターズ」のコンテストなので、ベースには1/1ビルドカスタムGPベースを使用。モニタ部分にはこの「GUNDAM BRAVER」の機体スペックを表記してあります。

 そうそう、機体の型式番号と名前の解説ですが、「YGP-G01」は「Y=勇気の、GP=ガンプラ、G01=ガンダムタイプ一号機」という意味で、「GUNDAM BRAVER」はゲームの「ガンダムブレイカー」に語感を似せた上に、自分の名前である「勇気=BRAVE」をかけてつけました。

 この作品は、「何となく元のパーツがわかる」ことを前提にしているので、パーツさえ揃えられれば比較的容易に再現が可能かと思います。
  ミキシングビルドはガンプラでオリジナルの機体を作る上で一番お手軽な改造方法。キットのまま組み立てる事に飽きてきたら、複数のキットの手足を入れ替えるなどして、オリジナルの機体を生み出してみては? 




   

  

スポンサーサイト
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。