泰勇気の「ギャラリー・ロボットL@VE」

 私、泰勇気の描いたイラストやコレクション(プラモや玩具)を、思い入れと共にご紹介していくブログです。(画像、文章の無断転載は禁止とさせていただきます。)

プロフィール

ロボ勇気

Author:ロボ勇気
 三度の飯よりロボが好き。そんな僕が「作ったり」「買ったり」「描いたり」したロボをご覧頂きたく、ブログギャラリーを始めました。
 リンクフリーです。コメントどしどし募集中です。よろしく!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
TOP > TAKARA/TOMY(TAKARATOMY)

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・MC-10カセットマン   2014.12.30

G1soundwave_10.jpg
 子供のころに買ってもらったカセットマン。「トランスフォーマー」のアニメが放映してから最近までは、我が家のサウンドウェーブの代役を務めていてくれました。
 ヘッドセットとミニカセット型ロボット「ミクロス」の赤バージョンがセットになっていました。

G1soundwave_11.jpg
 カセットプレイヤーモードは発売当時に流行していた持ち歩きカセットプレイヤーの形状をよく再現しています。

G1soundwave_12.jpg
 プレイヤー上面のボタンを押せばちゃんと蓋が開いて中にミクロスなどのミニカセットメカが収納可能です。購入時にはダミーの紙製カセットが収まっていました。

G1soundwave_13.jpg
 ミクロスを収めるとこんな感じ。

G1soundwave_14.jpg
 ぴったり収まることを確認したところで、チェンジ開始!

G1soundwave_15.jpg
 プレイヤー両サイドを開いて

G1soundwave_16.jpg
 下までおろします。

G1soundwave_17.jpg
 脚部の外側を向いていた面を正面に回転させて、ダイキャスト製のつま先を倒します。

G1soundwave_18.jpg
 後方にたたまれた両腕を両サイドに開いて、天面にたたまれていた頭部を起こします。

G1soundwave_19.jpg
 手首を出し、頭部を回転させて正面を向ければ本体の変形は完了です。

G1soundwave_20.jpg
 背中にあたる電池ボックスから電池型のパーツを取り出します。

G1soundwave_21.jpg
 電池をそれぞれ変形させて

G1soundwave_24.jpg
 一つは肩に、もう一つは手に持たせます。

G1soundwave_22.jpg
 これでカセットマンの変形は完了。

G1soundwave_23.jpg
 背面。ヘッドフォン関係以外の本体の変形に関しては余剰パーツもなく、各モードでの破綻も少ないと思います。ロボットモードでもカセットプレイヤーの意匠が残っているのも面白いです。

 続いて付属のミクロス。
G1ramble_1.jpg
 こちらもバッチリ変形します! カセットモード用の透明ケースまで付属しているという芸の細かさ。

G1ramble_2.jpg
 カセットモードの反対面はこのようになっており、ロボットモード時の胸部の模様が確認できます。

G1ramble_3.jpg
 変形ですが、最初に両サイドを開きます。

G1ramble_4.jpg
 開いた部分を下までおろして、中央上部を左右に開いて頭部を出します。頭部はスプリングによって自動的に飛び出してきます。

G1ramble_5.jpg
 腕パーツを展開し、脚部の向きを正面に合わせて

G1ramble_6.jpg
 ダイキャスト製のつま先を引出し、メッキ加工がほどこされた武器を背中に背負わせて変形完了です。脚部の変形がカセットマンとよく似ている点も興味深いです。

G1ramble_7.jpg
 後姿。ふくらはぎあたりが直線的でないのも素晴らしいです。

G1ramble_8.jpg
 背中の武器は両腕に装備させることも可能です。

 いまとなってはカセットテープを使った音楽プレイヤーなどほとんど見かけませんが、「トランスフォーマー」にてサウンドウェーブと名を変えて商品化となってからも人気が高く、何度も復刻されたり限定モデルが発売されたりしていますね。最終的にはマスターピースにまでなりました。それだけこの「カセットマン」というアイテムは完成度が高かったんですね~。
スポンサーサイト

・ニューミクロマン ミクロロボットM-1 ゴードン   2013.02.28

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用
 TAKARAの誇る玩具シリーズの一つ「ミクロマンシリーズ」より、ニューミクロマンミクロロボットシリーズのゴードンさんの登場です。
M1_GORDON_1.jpg
 ミクロマンといえば小型の可動フィギュアが有名ですがこんなアイテムも発売していたんですよ。
 色違いもあるらしく、とりあえず僕の家にあったのは、赤・黒・黄色のヒーロー色が強いバージョンでした。
 背中に翼がのぞくスタンダードなロボットのデザインです。膝アーマーに砲塔、つま先はダイキャスト製で小さなウイングのような形状になっています。

M1_GORDON_2.jpg
 翼が大きいですが、本体側にダイキャストを使用した部分があるため比較的転びにくい、かな。

 M1_GORDON_5.jpg
 このシリーズ、全て三段変形をこなす優れものでしてこちらは「ゴードンタンクモード」
 膝の砲塔はこのモードのためのものだったんですね。車輪もクローラーも見当たらないことから、何かしらのホバー機能かそれに似た移動方法なのではないかと推測。

M1_GORDON_6.jpg
 すごく体の軟らかい人ならこの変形はできそうですね。誰かコスプレして変形して見せてください。(←興味本位)

M1_GORDON_3.jpg
 飛行形態のゴードンジェット。前後に長い「フォートレス」と名前が付きそうな航空機です。

M1_GORDON_4.jpg
 小型で簡単ギミックとはいえ三段変形させられるし、工夫次第ではもうちょっと違った形態にも変形させられるので、子供の頃は非常に遊び応えのある玩具だったと思います。
 惜しいのは、やはり武器の欠品ですかね…。実家を探せば出てくるのかな…。

・チェンジアタッカー スタリオン   2013.02.27

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用
 ダイアクロンチェンジアタッカーシリーズより、スタリオンです。当時から遊んでいた物をそのまま保管してあったもので、コレクター視点からすると決して状態はよくありません。
 が、そんなことよりもこのスタリオンのギミックは当時としては非常に斬新なものでした。
STARION1.jpg
 実車の三菱スタリオンをモチーフにしたであろう自動車形態。隊員は自動車でいうところの運転席ではなく、フールに設けられたコクピットに乗り込みます。決して族的な乗り方をしているわけではありません。

STARION2.jpg
 ほほほ、だいぶシールが剥がれておりますな~。実車のスタリオンよりはリアが短めなアレンジ。リアタイヤはプルバック式ゼンマイ。
 で、プルバックして走らせると……。

STARION3.jpg
 ボンネットとフロントタイヤ周辺がカシャン!! と開いてドリルタンク形態にオートチェジ!! 隊員は高速で迫り来るボンネットの隙間に見事に頭部を通します!! 実際すげぇ怖いはず!! 

STARION4.jpg
 車体の大きさは半分になるためこじんまりとなります。今でこそ色々と自動変形アイテムは見かけますけど、当時としては走行中に自動変形するインパクトが凄かったんですよ!!


 関係ないですけど、三菱スタリオンといえば映画「キャノンボール2」でジャッキー・チェンが乗っていましたね。

コアストライカーマックス(テレビマガジン懸賞金メッキ)   2013.02.08

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用
レスキューフォーストミカシリーズ
1/58
コアストライカーマックス
TVcorestrikerMAXf.jpg
 テレビマガジンの懸賞(?)でプレゼントされてた金メッキ版のコアストライカーマックス。ベースとなっているのはフェアレディZです。
 金メッキのトミカというと昔は金ぴか仕様のトミカのセットなんかも発売されていましたね。

TVcorestrikerMAXr.jpg
 形状的にはフェアレディZをベースとしてパトライトを追加したのみなので特筆する点はありません。ヘッドライト、テールランプの塗装、レスキューフォースのロゴの印刷と、ただの金メッキ製品ではないところが注目点。

TVcorestrikerMAXg.jpg
 もちろんドアも開閉可能。
 この金メッキ版コアストライカー、生産された数は非常に少ないそうですね。ひょんなことから譲っていただいてしまったのですが、これは大事にいたします。

コマツ 対人地雷除去機 D85MS   2013.02.07

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用
No.014
1/142
コマツ 対人地雷除去機 D85MS
2008-14-1.jpg
 純白の車体が目を引く、地雷除去機。ファンの方に頂きました。一般車両だけでなく、こういった普段見ることのできない車両を商品化してくれるのがトミカの凄いところではないでしょうか。
 小サイズながら細かいモールドが再現されています。車両の前方にあるパーツが地雷を除去するローラーとなっていて、実車はアフガニスタンなどで実際に運用されています。

2008-14-2.jpg
 ローラー部分のアームは上下に動かすことができます。実際の車両ではこの部分を交換してブルドーザーとして運用することも可能とのことで、地雷を除去したあとはぜひともブルドーザーとして建設的な作業に使われてもらいたいですね。

2008-14-3.jpg
 後部の突起部分については詳しくわかりませでした。
 操縦席にあたる部分があるように見えますが、実際は遠隔操作による操縦とのことで少し安心しました。でも、地雷除去という作業自体が大変危険なものですから「安心」だなんて言っていられないのでしょうね。

2008-14-4.jpg
 ローラーと無限軌道はゴム製で質感を出しています。コロガシ走行遊びも可能です。

 このトミカNo.014 コマツ 対人地雷除去機 D85MSの売り上げは販売個数に応じて、NPO法人「日本地雷処理を支援する会(JMAS)」に寄付されているそうです。
 いつの日か、このような車両の必要なくなる日はやってくるのでしょうか。
 誰もが望み、誰もが願う世界平和なのですが。


«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。