泰勇気の「ギャラリー・ロボットL@VE」

 私、泰勇気の描いたイラストやコレクション(プラモや玩具)を、思い入れと共にご紹介していくブログです。(画像、文章の無断転載は禁止とさせていただきます。)

プロフィール

ロボ勇気

Author:ロボ勇気
 三度の飯よりロボが好き。そんな僕が「作ったり」「買ったり」「描いたり」したロボをご覧頂きたく、ブログギャラリーを始めました。
 リンクフリーです。コメントどしどし募集中です。よろしく!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
TOP > 変形!ヘンケイ!

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・デストロン航空参謀 サイクロナス   2012.07.29

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用
 当時品を買ってもらえなかったアイテムの一つ、サイクロナス。当時品をいじったことが無いので比較はせず、素直にこのサイクロナスを楽しみました。
cyclonus1.jpg
「2010」と「ザ・ヘッドマスターズ」とで性格の印象の異なる面白いキャラクターでした。ビークルモードはSF色の強いジェット機。前進翼がかっこいい上に、主翼にはパープルのメッキ加工が施されています。ノーズの機銃のようなモールドもSF戦闘機っぽいと思います。

cyclonus2.jpg
 中央のブロックに二基、主翼基部のブロックに二基の合計四基のメインスラスターがあるようです。ふむふむ、劇中のイメージを現代風にアレンジしたようなデザインですね。

cyclonus3.jpg
 付属のターゲットマスター、ナイトスティックをコクピット後方のジョイントに接続することも可能です。

cyclonus4.jpg
 ノーズの収納パターンと脚部の伸縮機構が極めて秀逸です!! これは是非、実際にお手にとって見ていただきたいのですが…。
 しかもスタイリングも劇中のイメージそのまま。初めて手に入れたサイクロナスがこちらでよかったです。

cyclonus5.jpg
 背中にコクピット部が配置されているところまで「2010」の時のイメージのまま。写真を撮影していませんが可動範囲も広めです。

cyclonus6.jpg
 こちらが、ナイトスティックがビームガンにトランスフォームした姿。メッキを多用しています。

cyclonus7.jpg
cyclonus8.jpg
 まさか、肩と肘だけとはいえ可動部が設けられるなんて!
 ナイトスティックは手首に持たせるだけではなく、手首を収納して手首の代わりに接続することもできるようです。ターゲットマスター仕様って感じですね。見所たっぷりなサイクロナスでした。

スポンサーサイト

・デストロン新破壊大帝 ガルバトロン   2012.07.28

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用
 言わずと知れたメガトロンが転生した姿。変形!ヘンケイ!も元祖ガルバトロン同様に三段変形。
H_galvatron1.jpg
 まずはタンクモード。元祖ガルバトロンには無い形態です。もう一つの形態が移動砲台であることを考えると、こちらがG1で言うところのレーザーガンモードにあたると思われます。アメリカで先行して発売したアイテムですが、ある時期からアメリカでは拳銃の玩具の発売が規制され、それ以降のメガトロンやガルバトロンは戦車にトランスフォームすることが多くなりました。
 メッキも使われていますがそれよりもオレンジクリアのパーツがガルバトロンのレーザーカノン砲を彷彿とさせてくれます。

H_galvatron2.jpg
 メッキが施されたことによって未来の戦車というイメージに。それにしてもビークルモードのまとまりの良さったら。

H_galvatron3.jpg
 こちらが移動砲台モード。なんかちょっと弱そう。一気に量産兵器っぽくなってしまったような気がします。なので僕は記憶から削除されていました。

H_galvatron4.jpg
 むしろちょっと可愛い後姿。

H_galvatron5.jpg
 砲塔がごっそり右腕に変形。よって左右非対称なデザインとなっています。破壊大帝といえば右腕のカノン砲ですよね~。手持ち武器はありませんがこの貫禄。スタースクリームはよく歯向かう気になりましたな。まぁあの時はメガトロンだったか。

H_galvatron6.jpg
 左右非対称なので左腕も。脚部の変形の強引さも変形させ終わってみると納得のいく感じ。個人的には変形難易度が高かったです。

H_galvatron7.jpg
 戦車モード時のリア部分を背負っているものの、バックパック的な形状にまとまっているので気になりません。重心が後ろに偏っていても踵の形状のおかげでそう簡単には倒れないようになっています。

 G1のガルバトロンがやたらと巨大な玩具だったのでこのサイズで手に入れられるようになったのは良し。そろそろMPのガルバトロンも発売してほしい頃ですよね。ロディマスがMPになったんですから。並べたいですよ。シルバー成型(メッキじゃないほうがいいな)MPコンボイとか合わせて、発売して「2010」の最終話の再現とか。夢は膨らむ!!

・サイバトロン戦術家 プロール   2012.07.27

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用
 元祖プロール同様に、発売当時の最新型フェアレディZに似たモデルのパトカーをビークルモードとするプロール。海外仕様と異なりパトライトがちゃんと日本仕様になっているのが芸コマです。
H_prowl1.jpg
 リアウイングが銀メッキになっています。栃木県警他、フェアレディZのパトカー仕様は実在します。

H_prowl2.jpg
 パトライトもクリアパーツだったらよかったですね。形状的にはパトライト部分だけの違いとはいえ、仕様違いがあるとなると入手したくなるのがコレクター魂。でもこれの海外版はちょっと入手が難しそうです。

H_prowl3.jpg
 ロボットモード。
 頭部の形状はG1まんまといっていいほどの再現度。肩のランチャーはG1のアニメでは装備していませんでしたが、こちらでは別パーツではなく収納式なので紛失することもありません。収納したまま変形させることも可能です。

H_prowl4.jpg
 前から見ても、後ろから見てもプロール!! 変形方法こそ違えどビークルモードの各パーツの配置までG1にそっくりというのは感動的。というか懐かしさを感じます。
 日本のパトカーの配色ってやっぱりかっこいいっすよね。

・デストロン航空兵 ラムジェット   2012.07.26

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用
 変形!ヘンケイ!のジェットロンの半数が限定商品となっている中、一般商品として登場のラムジェット。スタースクリームが傑作なだけに他のジェットロンが仕様変更で登場してくれたのはとても嬉しいです。
H_ramjet1.jpg
 デルタ翼が特徴的なラムジェットビークルモード。垂直尾翼とその下のエンジンがクロムブラックのメッキになっています。G1ラムジェットのイメージをしっかり踏襲。主翼の下にある武装もスタースクリームの物と違い、G1のラムジェットのものに似せてあります。芸が細かいです。

H_ramjet2.jpg
 四発のメインエンジンがかなりのスピードを想像させます。

H_ramjet3.jpg
 トンガリ帽子のラムジェット。後期ジェットロンの証です。主翼は後ろに倒すのが正解なんですが、僕はG1のイメージからほとんど倒さないままにしています。

H_ramjet4.jpg
 コクピット部分がどのように変形しているのか、ぱっと見ただけではわかりません。でも手にとって変形させてみるとついつい「お~~、なるほど」とうなってしまうようなギミックになっていますよ。

 変形!ヘンケイ!シリーズは当時から人気のアイテムで、種類によっては相当入手困難になってしまっています。特に限定!ゲンテイ!シリーズは…。
 といったところでラムジェットでした。

・サイバトロン諜報員 リジェ   2012.07.25

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用
 先日、こちらのリカラー版のドラッグストライプはアップしていましたが、本家はこちらのリジェです。
mirage1.jpg
 G1リジェを強くイメージした形状と配色。F1っぽいのですがコクピットにキャノピーがついているので、少なくとも現代のF1マシンとは異なる様子。キャノピーつきのレーシングマシンといえば同じくタカラさんがメインスポンサーだったサイバーフォーミュラを思い出したりもします。
 個人的には「獣装機攻ダンクーガノヴァ」で主人公の葵さんが乗っていたFゼロのマシンがこれに近いのかなと思っています。
「26」のカーナンバーには思わずにやりとしてしまいます。

mirage2.jpg
 車体後部にはちゃんとエグゾーストもあります。リアウイングとフロンロウイングにメッキが施されています。タイヤはプラ製でコロガシ走行が可能。ゴムタイヤも魅力的ですけど、プラと比べると劣化しやすいんですよね。

mirage3.jpg
 頭部の形状はしっかりG1リジェをリスペクト。G1よりかなりスリムなスタイリングでスピード感があります。パーツ配置もおおまかにG1のそれと似ているのですが、さすがに変形パターンは格段に進化しており、先述のドラッグストライプ同様に可動範囲は非常に広いです。

«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。