泰勇気の「ギャラリー・ロボットL@VE」

 私、泰勇気の描いたイラストやコレクション(プラモや玩具)を、思い入れと共にご紹介していくブログです。(画像、文章の無断転載は禁止とさせていただきます。)

プロフィール

ロボ勇気

Author:ロボ勇気
 三度の飯よりロボが好き。そんな僕が「作ったり」「買ったり」「描いたり」したロボをご覧頂きたく、ブログギャラリーを始めました。
 リンクフリーです。コメントどしどし募集中です。よろしく!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
TOP > 2010

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・サイバトロン総司令官ロディマスコンボイ   2012.06.21

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用
 ホットロディマスがマトリクスを受け継ぎパワーアップした姿でもある、ロディマスコンボイ。初代コンボイと比べるとコンパクトです。
RODIMUSCOMBOY1.jpg
 ビークルモードはトレーラー。全身にファイヤーパターンをあしらった熱いデザイン。初代コンボイとは違うかっこよさですね。

RODIMUSCOMBOY2.jpg
 トレーラーが開いて仲間を乗せる、などは出来ません。劇中でもやってなかったと思います。

RODIMUSCOMBOY3.jpg
 ロボットモードにトランスフォームするのはトラックの前の部分だけ。引っ張り出すとちょっと貧弱になっちゃいます。

RODIMUSCOMBOY4.jpg
 巨大なフォトンエリミネーターを装備。ひょろ~っとした印象です。でも足首がダイキャストなので意外と立てやすい。
 変形機構も極めてシンプル。当時はそれでも我が家では充分に司令官として活躍していたのですが、ホットロディマスを入手してしまった今、比較すると正直言って物足りないです。

RODIMUSCOMBOY5.jpg
 背中のウイングは差し替えです。

RODIMUSCOMBOY6.jpg
 どちらかというとコンテナのほうが遊べます。
 トランスフォームさせればモビルディフェンサーに。砲台両脇のシールドパーツのみ、ロボットモード時の余剰パーツになります。

RODIMUSCOMBOY7.jpg
 ビークルモード時のタイヤが使えるので、ころがし走行可能です。

RODIMUSCOMBOY8.jpg
 ロディマスを乗せると非常にしっくり。このアイテムはこの状態が一番かっこいいかも。ロボット単体で物足りなさを感じてもこれなら満足ですね。

「宇宙を一つに!」
スポンサーサイト

・サイバトロン騎士 ホットロディマス   2012.06.20

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用
 こちらはターゲットマスター仕様で「トランスフォーマーコレクションシリーズ」で発売されたバージョンです。
「2010」放映当時、近所の友人が持っているのをうらやましく思っていました。子供の頃はロディマスコンボイを持っていたので、同一人物のアイテムを持つことに違和感を覚えていたんです。
 まさかこうやって念願かなうとは思いませんでした。
HotRodimus1.jpg
 ビークルモード超かっけぇ。後輪が隠れているところが特にいい。スーパーカーとしてみてもかっこいいデザインなんじゃないですか?

HotRodimus2.jpg
 リアはロボットモード時の足裏にあたるのであっさりめ。まぁ当時としては仕方ないですよ。リアウイングでかいな~。

HotRodimus3.jpg
 フォトンレーザーは二丁付属。劇中では両腕のエグゾーストから光線を放って攻撃することが多く、これらの武器を使っていた記憶はありません。
 胸部にビークルモード時のフロントパーツがくる変形、好きなんですよね。どこかにビークルモードの意匠が残っている変形がすきなのかな。

HotRodimus4.jpg
 前から見ると気づきませんでしたが、ビークルモード時のフロントガラスがスカート状に配置されてるんですね。背中周辺がかっこいいだけに惜しいな~。でもこれを収納するにはまた可動部を増やさなきゃいけないから、これがベターです。

HotRodimus5.jpg
HotRodimus6.jpg
 フォトンレーザーはどちらもビークルモード時にエンジン部分に装備させることも可能です。

HotRodimus8.jpgHotRodimus9.jpg
 ターゲットマスターで追加されたのがこのファイアーボルト。ロボットモードとしての可動部はありません。

HotRodimus10.jpg
 腰から折り曲げて武器モードにトランスフォーム。

HotRodimus11.jpg
 ホットロディマスに持たせたり、
HotRodimus7.jpg
 ビークルモードで装備させたりすることができます。

 TVアニメに登場していたターゲットマスター以外のことには疎いのでよくわからないのですが、このファイアーボルトってネビュロン人という人間なんですね。人間がトランスフォーム。ロマンがあるじゃないか…。

・サイバトロン情報員ブラー   2012.06.19

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用
 早口ブラーで有名な、「2010」のサイバトロン情報員ブラーです。早口というか慌てん坊さんのようなしゃべり方でしたよね。カラーリングがさわやかで好きでした。
Blurr1.jpg
 ビークルモードはスーパーカーらしいのですが、すでにセイバートロン星モードのようですよね。車輪のないエアカーのようなデザインです。それまでのトランスフォーマーと違い、「2010」から登場するトランスフォーマーはハスブロさんがデザインをあげたものをタカラさんが開発するという流れだったらしく、とても独特な形状をしています。
 ブラーはシャープで好きですけどね。

Blurr2.jpg
 一応底面には小型の車輪があり、ころがし走行が可能です。車体サイドのパーツはジェットエンジンでしょうか?

Blurr4.jpg
 顔色が悪いわけではありません。こういう色なんです。手持ちの武器はビークルモードでは余剰パーツとなりますが、シールドはビークルモード時にフロント部分になります。シールドは劇中ではあまり使っていた印象がありません。
 腕に肘関節がなかったり全体的にややトップヘビーです。ただ脚が長く、シャープな印象も残っています。

Blurr5.jpg
 ビークルモードの後部がそのまま背中になります。少し位置が下過ぎる印象。
 ただ、よくこれだけ破綻させずに変形可能な商品を開発しましたよね~。MPになったらどうなるのか、なんて思うのですがMP化しないかな。

・サイバトロンスロットルボット情報指揮官 ゴールドバグ   2012.06.17

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用
goldbug1.jpg
 ビークルモードのモチーフを見ても判るように、彼はバンブルが生まれ変わった姿。変形方法はミニボット時代のバンブルビーとは異なります。

goldbug2.jpg
 前方から見える位置のウインドウは黒で塗装されていますが、リアウインドウだけは成型色のままでした。スロットルボットはプルバックゼンマイを内蔵しているので、プルバック走行が可能です。

goldbug3.jpg
 バンブルにそっくりなロボットモード。変形方法は違うものの、バンブルと同一人物なんだな~と思えるようなパーツ構成となっています。

goldbug4.jpg
 プルバックゼンマイのブロックはロボットモード時でも走行させることが可能。他にもスロットルボットは持っていたと思うのですが、現在はこのゴールドバグのみご紹介いたします。
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。