泰勇気の「ギャラリー・ロボットL@VE」

 私、泰勇気の描いたイラストやコレクション(プラモや玩具)を、思い入れと共にご紹介していくブログです。(画像、文章の無断転載は禁止とさせていただきます。)

プロフィール

ロボ勇気

Author:ロボ勇気
 三度の飯よりロボが好き。そんな僕が「作ったり」「買ったり」「描いたり」したロボをご覧頂きたく、ブログギャラリーを始めました。
 リンクフリーです。コメントどしどし募集中です。よろしく!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
TOP > ノンスケール

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・ノンスケール ネオ・グランゾン   2016.02.18

 コトブキヤさんより発売されたノンスケールプラスチックキット「ネオ・グランゾン」
「スーパーロボット大戦」シリーズのファンならばご存知の、敵にすると脅威、味方にすると頼りになるロボットです。
neogranzon0.jpg
 スタイルはキットのまま、後ハメ加工して継ぎ目を極力消し、金属ではない未知の素材と解釈して塗装を施してみました。

neogranzon1.jpg
 ボリュームのある全体像。肩や脹脛などの突起が神々しくも凶悪な印象です。

neogranzon2.jpg
 ボリュームはあるのですが、真横から見ると意外なほどに薄いんです。

neogranzon3.jpg
 背中の「ハリオン創出ヘイロウが目立つ後姿。ネオ・グランゾンの特徴でもあります。

neogranzon5.jpg
 真後ろから見ると尚のこと「バリオン創出ヘイロウ」の存在感が強いです。

neogranzon6.jpg
 頭部は細かくパーツわけがされており目立つ継ぎ目はありません。トゲトゲしてて気を付けないと破損してしまうので、組み立てには注意が必要です。イケメンですな。

neogranzon10.jpg
 僕はこの上腕部分のみ後ハメ加工ができずに、パーツの分割線をモールドとして処理しました。継ぎ目が消せなかったのはここくらいです。

neogranzon7.jpg
 ひざ関節周辺のモールドもとても細かく、隙がありません。

neogranzon16.jpg
 デザインの都合からか、膝はこのくらいまでしか曲げることができません。ただ、ネオ・グランゾンに格闘戦のようなポーズをとらせることもないので、十分でしょうか。

neogranzon4.jpg
 全身の青い部分はこのようにまだらというか模様というか、真綿を使ったマスキングを利用して塗装をし、神秘的なイメージにしました。

neogranzon8.jpg
 とはいえ、両手用の拳が付属しているので正拳突きをさせてみたり。

neogranzon15.jpg
 平手のパーツへの差し替えも可能なので、さまざまな表情のポーズを付けることも可能です。

neogranzon9.jpg
 胸部の縮退砲の展開ギミックも再現されています。塗装をする際はすり合わせをしたほうが良い箇所です。

neogranzon13.jpg
 中にはみっちりとモールドが!

neogranzon11.jpg
 ゲームの中だとこんなアングルでしたっけ。

neogranzon20.jpg
 前腕部のクリアパーツの下にグリーンのメタリックシールを貼り付けてみました。

neogranzon14.jpg
 グランワームソードも付属。宝玉部分を100均のジュエルシールに交換してあります。

neogranzon19.jpg
 ボリュームのある剣ですが、刀身は意外と薄いです。

neogranzon17.jpg
 バリオン創出ヘイロウは簡単に取り外しが可能。ゲーム中では決して見られない後姿です。

neogranzon18.jpg
 背中のスラスター的な部分にはゴールドのメタルシールを貼って、通常兵器のスラスターとは違った印象にしてみました。

neogranzon21.jpg
 箱が大きいので組み立てるのが大変かなと敬遠していたのですが、手を動かしてしまえはあら不思議、
サクサクと組み立ては進み、ほとんどストレスなく完成させることができました。
 ネオ・グランゾン。恐くないですよ!
スポンサーサイト

・アオシマ ミニ合体 ブーメラン   2015.02.02

 双葉社さんより発売の「アウトサイダー・プラモデル・アートーアオシマ文化教材社の異常な創造力ー」では体後の姿のみ掲載されていたミニ合体ブーメラン。実はあの塗装済みブーメランをはじめ、ミニ合体マッハバロン、など合計8セットのミニ合体プラモを製作したのは僕だったりします。
 知人からの紹介で、プラモ好きである僕に依頼がやってきました。30年~40年前のプラモデル。しかも物によっては再販されることもなく金型も処分され、現在では入手困難でオークションで見かけることも少なく高額で取引されているシリーズ。それを組み立てられる機会なんてそうはないと思い、引き受けました。
 さて、今回はその中からミニ合体ブーメランの分離形態の写真(吉野正裕氏)とともに、軽く製作の思い出を語っていきたいと思います。

・A1号 ミニタービンマシン
IMG_4562.jpg IMG_4563.jpg
 ミニ合体ブーメランのエンジンを装備しているマシン。なのでエンジンを合体で使われてしまったら動力はどうなるのか気になります。
 どことなくポルシェっぽいのかなとも思いましたが、全体で見るとしっかりとオリジナルのマシンに見えます。という人はどこに乗り込むのでしょう。リアウイング基部のブロックがコクピット?

・A2号 ミニシールドマシン
IMG_4564.jpg IMG_4565.jpg
 ミニ合体ブーメランのフロント部分を搭載したマシン。車体の前後で赤と青に塗り分けられた二個一感を除けば 比較的自動車として成立した姿です。
 ウインドウ、リトラクタブルライトはラピーテープを貼って表現しています。

・A3号 ミニサーボマシン
IMG_4566.jpg IMG_4567.jpg
 ミニ合体ブーメランの運転席部分を担うマシン。蛙のようなフロント部分の表情が印象的。運転席の後ろはむき出しで、とってつけたようなリアパーツが切ないです。でも左ハンドルが表現されてたりします。

・A4号 ミニカーゴマシン
IMG_4568.jpg IMG_4569.jpg
 ミニ合体ブーメランのリア部分を司るマシン。リアパーツの中は空洞になっていて、ブーメランへの合体時にはA1号のエンジンブロックを搭載するようになっています。
 それにしても特異な形状のフロントパーツで、どことなく虫っぽくも感じます。フロントタイヤがとても小さいのでなおさらです。

・ミニ合体ブーメラン
IMG_4579.jpg IMG_4582.jpg
IMG_4583.jpg IMG_4584.jpg
 ミニ合体ブーメランの合体状態。各マシンの赤い部位とエンジンが合体して完成します。
 前後に長く、平面的なデザインが当時のスーパーカーのトレンドを思わせます。
 本誌では合体状態後ろからの写真は掲載されておりません(フロントからの写真もエンジンルームのボンネットが浮いてしまっていたり…)。

 ミニ合体ブーメランで使用した主な塗料はこちらです。
赤・ブライトレッド(ガイアカラー)
蒼・風蒼(ガイアカラー)
黄色・サンシャインイエロー(ガイアカラー)
白・エクストラホワイト(ガイアカラー)
タイヤ・サフエヴォ黒(ガイアカラー)

 パーツ数は大したことありませんが、現代のプラモと比べてパーツの精度が高くは無いのでその摺合せが大変でした。
プライベートで作るなら、合体部分はネオジム磁石を使っているところですが、今回はあくまでキットのままというお仕事だったので接続部分の調整のために金属やすりでガシガシ削ったりプラ板で調整したり、非常に手ごたえのあるプラモでした。
 ミニ合体シリーズ、また作ってみたいです。
 次回はミニ合体カウンタックについて、の予定です。
 それまでこちらでも読んでお待ちください。


・YGP-G02 GUNDAM BRAVER Mk-Ⅱ   2014.02.12

ガンプラのパーツを使ってスーパーな雰囲気を持った機体を製作。これならアニメ「ガンダムビルドファイターズ」のガンプラバトルに出場することも出来るはず!!
GUNDAMBRAVER2_0a.jpg

GUNDAMBRAVER2_1.jpg
 まずは「BRAVE JET」
 1/144HGガイアガンダムの上半身をベースに、1/144HGカオスガンダムの両腕、HGビルドブースター、武者璽威武装のウイング状のパーツなどを流用。機首パーツはネオジム磁石で接続するようにしています。

GUNDAMBRAVER2_2.jpg
 後ろから見ると頭部が丸出しですけど、まぁお気になさらず。

GUNDAMBRAVER2_3.jpg
 BRAVE TANK。
 1/144HGカオスガンダムの腰部と両足をベースに足首のみ1/144HGUC Zガンダムのものを流用。ガトリング砲とキャタピラは1/144HGUCロトのパーツを流用。金色のパーツは1/144HGレイダーガンダムのバックパックから流用したものです。

GUNDAMBRAVER2_5.jpg
 リアアーマーのセンター部分は1/144HGセラフィムガンダムのサイドスカート、その両脇のアーマーは1/144HGUCロトのスカートアーマーを流用。

GUNDAMBRAVER2_6.jpg
 ジェットとタンクが、いざ合体!!

GUNDAMBRAVER2_7.jpg
 ジェット、変形開始!

GUNDAMBRAVER2_8.jpg
 機首パーツを機体上面に移動。

GUNDAMBRAVER2_9.jpg
 両腕を機体前方に回り込ませます。

GUNDAMBRAVER2_10.jpg
 ジェットの変形はこれで完了。

GUNDAMBRAVER2_11.jpg
 続いてタンクの変形開始!!

GUNDAMBRAVER2_12.jpg
 まずはガトリング砲を、

GUNDAMBRAVER2_13.jpg
 車体サイドに倒します。

GUNDAMBRAVER2_14.jpg
 車体後部のキャタピラを縦に。

GUNDAMBRAVER2_16.jpg
 車体フロントの足首を展開。

GUNDAMBRAVER2_17.jpg
 両足を下に下ろし立たせます。

GUNDAMBRAVER2_18.jpg
 ガトリング砲も下に向けて、タンクの変形完了。

GUNDAMBRAVER2_19.jpg
 二機が合体してGUNDAM BRAVER Mk-Ⅱの完成となります。

GUNDAMBRAVER2_20.jpg
 胸部には太陽をイメージしたデザインを配置してみました。
 頭部は1/144HGレイダーガンダムのヘルメットに1/144HGガンダムAGE-2のフェイスを組み合わせた物。
 背中の翼や胸部のパネルのシルエットから往年の「勇者シリーズ」のロボットのように思われるかもしれませんが、各部をよく見るとあくまでモビルスーツのパーツです。

GUNDAMBRAVER2_21.jpg
 横から見るとこんな感じで、意外と前後の厚みは抑えられています。あまり重心を後ろにもってくると、追加パーツと合体した時に自立しにくくなることを考慮しています。

GUNDAMBRAVER2_22.jpg
 脹脛にあるキャタピラのパーツ配置が少々強引だったでしょうか。個性的と言えば個性的とも言えます。GUNDAMBRAVER2_23.jpg
 かっこいいシルエットといえば「X」
 翼とボリュームのある脚部とで「X」っぽいシルエットに。

GUNDAMBRAVER2_25.jpg
 タンクのガトリング砲が使用可能。名づけて「サン・バルカン」

GUNDAMBRAVER2_26.jpg
 脚部のブロックにはビームサーベルを収納。

GUNDAMBRAVER2_27.jpg
 ビームサーベルとは別に、必殺剣「プロミネンスソード」も製作。

GUNDAMBRAVER2_28.jpg
 灼熱の刀身でどんな装甲の機体でもアメのように溶かしながら相手を斬り捨てます。

「ビルドカスタムパーツ」を使用するという縛り条件はビルドブースターのパーツを使用することでクリア。「ガンダムビルドファイターズ」のガンプラバトルに出場させることも考えてガンプラパーツしか使用していないというところもクリアした機体に仕上げてあります。

 カラーリングは非常に悩みまして、ガンダムらしくなくでも「勇者シリーズ」のロボットにはなりきらないように配色しました。いかがでしたでしょうか。

 サポートメカ、およびそのメカとの合体形態は次の更新にてお送りしたいと思います。

 以上。YGP-G02 GUNDAM BRAVER Mk-Ⅱでした。





   
   



・宇宙戦艦ブルーモーメント号   2013.07.29

テーマ:ガンプラ大好き - ジャンル:趣味・実用
bluemoment1.jpg
 またしてもプラモのジャンクパーツで宇宙戦艦をこしらえてみました。戦艦の割にはシャープな形状の高速艦をイメージしてジャンクパーツを組み合わせてみました。

bluemoment2.jpg
 艦体のメインはセラヴィーガンダムの両脛部分をベースとしています。そこへGNアーチャーのパーツやら様々なジャンクパーツをひたすら強引に接着。

bluemoment3.jpg
 主砲はセラヴィーガンダムの膝のキャノン砲です。一応、ある程度左右に首を振ることが可能です。

bluemoment4.jpg
 真正面から見たところです。艦体後部両脇の部分はデッキになっています。

bluemoment5.jpg
 後方にも副砲を装備。

bluemoment11.jpg
 後部副砲もある程度旋回が可能です。

bluemoment6.jpg
 艦橋はガンダムマックスターのコアランダーのコクピット部や、ガンダムアシュタロンのバックパックなどを組み合わせたもの。

bluemoment7.jpg
 まぁ、それらしく見えますかね。

bluemoment9.jpg
 真横からのシルエットはこんな感じ。

bluemoment8.jpg
 ちょっと傾けてみました。

bluemoment10.jpg
 メインエンジン周り。

bluemoment12.jpg
 姿勢制御翼は収納が可能。

bluemoment13.jpg
 艦底の前方付近。旋回はできませんが下方にも二門のキャノン砲を備えています。

bluemoment14.jpg
 スタンド代わりのタッパは気にしないでください。
 艦底後方周辺です。

 可動部も少ないので写真も少なめです。
 ジャンクパーツの組み合わせで注意しないといけないのは、塗装しながら組み上げていかないと入り組んだ部分の塗装に苦労するということ。今回、それを切実に感じたので次のジャンクパーツ戦艦は多少分解できる状態で製作することにしました。
 さてさていつ完成しますやら…。

・地上空母A-88   2013.07.14

 第14回BNプラモコンペに提出した、テーマ「砂漠の駐屯地」の作品です。
 駐屯地というものが軍隊における移転可能な施設なので、駐屯地そのものを移動式にしちゃいました。同じテーマで違うものを考えていたのですが、締め切りから約一週間ほと前の時点で当初の計画の作品は到底完成しないと判断し、急遽製作。
 時間が無いという状況を自分で作り出してしまったものの、求めているパーツが意外とうまく手元に集まってくれてなんとかコンペ当日に間に合わせることができました。

A-88_2.jpg
 艦体の7割を占めているのがガルマンガミラス戦闘空母。カタパルトや艦橋周辺まで、このキットを使用しています。カタパルトの下面はバルバスバウのような形状の船体だったのですが切除。そこへHGUCロトのパーツをはじめ、ジャンクパーツを多用してまとめました。
 ベース部分は、ダイソーのフォトフレームに同じくダイソーの石粉粘土二つ分を盛り、乾燥したところに水で溶いたボンドを塗りつけ、そこへシタデルのサンドをふりかけまして完成です。一応キャタピラの走行跡もつけてあったりします。

A-88_3.jpg
 陸上空母のイメージソースは、スーパーファミコン版「エリア88」のエリアボス。確かこんな敵が出てきたよな~という記憶を頼りに製作しました。

A-88_4.jpg
 反対側から見たところです。ジオラマは保管するときに場所をとるのでちょっと大変。

A-88_5.jpg
 カラーリングと流用パーツのおかげで、元のキットとの違いは出ているのかなと思います。

A-88_8.jpg
 カタパルトには「A88」の文字が。言うまでもないと思いますが「エリア88」に影響されまくりなマーキングです。

A-88_6.jpg
 キャタピラはHGUCロトの脚部を二体分使用しています。とはいってもそもそもキットがツインセットなのでロトを余分に買い足さずにすみました。

A-88_9.jpg
 キャタピラの砂汚れは模型用のウェザリング塗料ではなく、ダイソーのファンデーションを使用しています。つや消しクリアを吹いたあとに塗りつけると、良い感じにファンデーションが乗ります。

A-88_10.jpg
 艦橋周辺もキットのままではなく、排気ダクトや装甲をあしらってもとのキットから変化をつけています。

A-88_11.jpg
 前後の三連装砲はネオジム磁石による接続に変更してあるので、旋回が可能です。砲口はピンバイスで軽く開口。艦橋はマゼランからの流用です。

A-88_13.jpg
 機関部を保護する装甲はZZガンダムの肩アーマーを流用。

A-88_15.jpg
 艦橋周辺のアンテナなどが、一部左右で異なっています。

A-88_16.jpg
 さらに艦橋のアップ。

A-88_17.jpg
 前後のキャタピラの間には、ロトのジャンクパーツとガンダムシュタロンのバックパックからの流用品を使用。

A-88_18.jpg
 後部にもロトのキャタピラを使用しています。

 塗装は、全パーツとも黒サフを吹いてから行ってまして、艦体の色はガンダムカラーの「MSグレージオン系」、キャタピラは「GXメタルブラック」、艦橋のアンテナはガンダムカラー「MSイエロー」で塗装しました。一応軽く濃淡をつけて塗装してあるのですが、つや消しを吹いたら程よく馴染みましたね。

 ちょうどいいパーツが手元に集まったおかげでそれほど悩むことなく形にすることができました。
 次回のコンペ用のお題目もいただいており、またどんな作品を作ろうか楽しく考えているところです。

 ちなみに製作中、OVA「エリア88」を繰り返し視聴。気分を高めておりました。

 
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。