泰勇気の「ギャラリー・ロボットL@VE」

 私、泰勇気の描いたイラストやコレクション(プラモや玩具)を、思い入れと共にご紹介していくブログです。(画像、文章の無断転載は禁止とさせていただきます。)

プロフィール

ロボ勇気

Author:ロボ勇気
 三度の飯よりロボが好き。そんな僕が「作ったり」「買ったり」「描いたり」したロボをご覧頂きたく、ブログギャラリーを始めました。
 リンクフリーです。コメントどしどし募集中です。よろしく!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
TOP > 1/144

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YGP-G03 GUNDAM BRAVER Mk-Ⅲ   2014.05.16

BRAVER3_0.jpg
 2014年4月27日まで行われていた「第6回アソビットシティプラモデルコンテスト ビルドファイターズ編~俺のガンプラ最強伝説~」に参加すべくガンプラを一体、組み上げました!!
 ただし、コンテストの存在を知ったのが締切の二日前であったため、およそ36時間しか作業が出来ず、限られた時間で最後まで形にするという貴重な経験をしました。

FRONT
BRAVER3_1.jpg
 ガンプラのパーツによるミキシングビルドで、作業時間との兼ね合いから流用したパーツの形状はほとんど加工せずに使用しております。

俯瞰
BRAVER3_2.jpg
 宇宙世紀、西暦、コズミックイラ、アフターウォー、様々な世界観からの流用でも塗装で統一感を出せばそこそこまとまって見えます。

SIDE
BRAVER3_3.jpg
 コンテスト用ということもあり、派手にポーズが決められる「翼付き」の機体にしました。カラーリングはもう少し凝りたかったのですが、塗装前の状態を心の目で見て浮かんできた色を思いのままに塗りました。一か八かです!!

REAR
BRAVER3_4.jpg
 印象的なバックパックなので、背後から見るとストライクノワールの面影が見えます。

FRONT(装備なし)
BRAVER3_5.jpg
 武器を外したところ。どこに何のパーツが使われているのかがよくわかる一枚です、

REAR(装備なし)
BRAVER3_6.jpg
 装備を外しても後ろからの姿はそれほど変わりませんね。

頭部~胸部
BRAVER3_7.jpg

 頭部はアカツキの物にビルダーズパーツHD MSブレードのアンテナを組み合わせました。アカツキのこの耳が好きなんです。
 胸部はストライクノワール。腕部はガンダムキュリオスをチョイス。肩のボールジョイントがちょうどはまりました。

腕部・腰部
BRAVER3_8.jpg
 キュリオスの左右の腕の丸い部分にネオジム磁石をはめ込んで、シールドやビームライフルを接続できるようにしてあります。
 腰はインフィニットジャスティスガンダムの物。近接武器に乏しかったので、ビームサーベルをマウントできるビルドストライクのサイドスカートを流用しました。変形の都合でここのパーツは薄く抑えておきたかったので、一石二鳥でした。

腹部
BRAVER3_9.jpg
 配色はほぼパーツ単位で済むようにしています。コクピットハッチだけは塗り分けでピンクに。

脚部
BRAVER3_11.jpg
 脚部はセイバーガンダムを基にして、両足外側に1/100ダギ・イルスの脚部のパーツを増加装甲として追加。隙間が生じるので一度ダギ・イルスのパーツにエポパテを盛り付けて、セイバーの足に押し付けて硬化させ、硬化後にセイバーからはがし取り、はみだしたエポパテを削り落として再び接着しました。
 バーニアはビルダーズパーツHD 1/144 MSバーニアからチョイス。やはりバーニアが飛び出していた方が高機動型だということがわかりやすくなります。

BEAM RIFLE
 BRAVER3_12.jpg
 ビームライフルはビルドブースターMk-2のパーツを組み合わせて製作。腕の横に接続して持つというバーザムのそれのようにしてみました。これは通常のライフルのグリップだと、変形させてシールドと接続させるときにグリップを収納しなくてはならなくなり、その可動部の細工と塗装の工程に手間がかかってしまいそうだったので、グリップを収納しなくてもそれほどおかしくならない形はないものかと考えた結果でした。
BRAVER3_13.jpg

SHIELD
BRAVER3_14.jpg
 シールドはご覧のとおりガンダムエアマスターバーストの背中のパーツを流用。一部カットし裏面をプラ版などで隠したのみで、大きな改造はしていません。

POSE
BRAVER3_15.jpg
 地上でライフルを使用している時のイメージです。
BRAVER3_16.jpg
 ですが、やはり翼のある機体は空を飛ばした方が似合います。
BRAVER3_17.jpg

BRAVER3_19.jpg
 シールドとライフルはこのように組み合わせることも可能。

MA MODE
BRAVER3_20.jpg
 MA形態への変形は、ガンダムキュリオス+ウイングガンダム+セイバーガンダム÷3といった感じ。平成になって生まれたこの変形方法は汎用性が高くて便利!

MA FRONT
BRAVER3_21.jpg
 割と薄くてシャープにまとまりました。MA形態時にもビームライフルの発射は可能です。

MA SIDE
BRAVER3_22.jpg
 垂直尾翼もあるし、戦闘機らしく見えますでしょうか。

MA 後方俯瞰
BRAVER3_23.jpg
 このウイングに揚力が発生させられるのかは置いておきましょう。

MA REAR
BRAVER3_24.jpg

BRAVER3_25.jpg

BRAVER3_26.jpg
 ノワールストライカーのソードユニットの柄の部分にピンバイスで穴を彫り、ビームガンとしました。レールガンは元々フレキシブルに動くので、飛行形態でも広い射角を持つ砲台として機能します。

BRAVER3_27.jpg
 火力と機動力を兼ね備えるというコンセプトとしてはうまくまとめられたように思います。

 ちなみにコンテストの結果は・・・
kekka.jpg
スポンサーサイト

YGP-GM1 ジム スィニスター   2014.05.08

テーマ:ガンプラ大好き - ジャンル:趣味・実用
ガンプラビルダーズチャレンジカップ」用に製作した機体です。
「自分がアニメの劇中にガンプラビルダーとして登場し、主人公たちと戦うことになるのならこんな機体で挑みたい」というコンセプトと「禍々しさ」をテーマに、様々なガンプラのパーツを集合させて形にしてあります。
 下の写真をtwitterにアップした際、300以上のRTをして頂いたことには大変驚きました。
GMsinister33.jpg

FRONT(装備なし)
GMsinister1.jpg
 武器を何も持たない状態です。背中のダークマターブースターや肩の突起、腕のクロー等がこの機体の禍々しさを演出しています。

SIDE
GMsinister2.jpg
 やや横から見てみても、ダークマターブスターや膝のユニット、脚部のスタビライザーが大きく突き出し、刺々しい印象に。

REAR
GMsinister3.jpg
 ブースターと脚部で描かれる放射状のシルエットは、ロボットとしてかっこよく見せるための一つのポイント。

GMsinister4.jpg
 ブースターはほぼキットのままなので噴射口を閉じておくことも可能です。

上半身
GMsinister5.jpg
 頭部はジムクゥエルをベースに、ダークマターブースターのセンターブロックの突起を両サイドに配置。ジム系の頭部を選んだのは、表情が薄くて何を考えているのかわからない印象にしたかったから。V字アンテナを配置することも考えましたが最終的にはアンテナは無にしました。カラーリングもほとんどクゥエルのままですね。
 胸部から腹部はHGUCのGP03をほぼそのまま使用。
 腕部はHGUCバウの物にダークマターブースターの突起を若干削って肩の上に配置。赤いパネルはMGガンダムシュピーゲルの肩アーマーのパーツから流用。前腕のブロックの中にはMGウイングガンダムver.kaのクローパーツを加工したものを備えました。
 カメラ部分はラピーテープを貼りつけてあります。

腰部
GMsinister6.jpg
 ベースとなっているのはHGUCユニコーンガンダムの腰ブロック(なので上半身の中にはユニコーンのポリキャップが埋め込んであります。)フロントアーマーにHGガンダムX魔王の物を。サイドアーマーにはHGOOガデッサの腰サイドアーマーを一部切断し、プラ棒で接続。
GMsinister7.jpg
 リアアーマーはHGUCユニコーンそのままです。

脚部
GMsinister8.jpg
 HGUCリゼルの物をベースに、膝周辺にはHGUC Sガンダムの膝パーツを接着。同じくSガンダムの肩のスタビライザーをくるぶし付近にプラ棒で接続。足首はハイヒール的なデザインにしたかったのでHGガンダムスローネ系の物を流用しています。
GMsinister9.jpg
 プラ棒接続なので、スタビライザーは回転させることが可能です。
GMsinister10.jpg
 リゼルの膝関節は変形との兼ね合いもあり非常によく曲がります。

GMsinister11.jpg
 腕部のクローは近接戦闘でも威力を発揮。

シールド
GMsinister12.jpg
 MGジンクスのパーツをシールドとして使用。形状は弄っていません。デカールは海外旅行に行った時に立ち寄ったホビーショップにて見つけたもの。謎の紋章の雰囲気が良かったので使用してみました。
GMsinister13.jpg
 裏にはネオジム磁石が仕込んであり、同様にネオジム磁石が内蔵されている左腕ブロックに装備が可能です。

シールド装備
GMsinister14.jpg
 機体の雰囲気に合ったシャープなシールド。シールドの先端は打突武器としても活かせます。

GMsinister16.jpg
 シールドとしては面積が狭めですが、恐らくは機動力の高い機体なので問題ないでしょう。

サイズライフル
GMsinister17.jpg
 ご覧のとおり、ビームライフルに鎌が取り付けられたもの。HGUCガンダムMk-ⅡのビームライフルとHGUC Ζガンダムのハイパーメガランチャーのパーツを組み合わせ、そこにHGフォビドゥンの鎌、HGアビスの槍のパーツを追加しました。

サイズライフル装備
GMsinister17_1.jpg
 こちらは「チャレンジカップ」に応募した際の一枚。シールドの紋章の出所がよくわからないのでシールドは装備させずに応募しました。

サイズライフル、シールド装備
GMsinister18.jpg
 これが標準的な装備となります。

サイズライフル、シールド装備 SIDE
GMsinister19.jpg
 ライフルとシールドを装備することで、より刺々しくて禍々しいシルエットに。

ビームバズーカ
GMsinister25.jpg
 もう一つ、大型の武器を製作。HGUCドムの四角い砲身のビームバズーカのパーツを短縮したものと、HGUC  GP02のビームバズーカを組み合わせてあります。
GMsinister26.jpg
 キットでは形状が省略されていたパイプのモールドは削り取り、スプリングパイプを差し込んであります。手首は、バズーカの重さに耐えられそうになかったのでバズーカに接着。付け根部分も角度をつけて再接着。持たせやすくしました。
ビームバズーカ、シールド装備
GMsinister27.jpg
 一見刺々しくてシャープな印象の機体なのかと思いきや、大振りな武器も意外と似合います。

バズーカ SHOOT
GMsinister28.jpg
 砲口にピンバイスで穴をあけ、リチウム電池付LEDライト「ミライト」を差し込めるようにし、ビーム発射直前の状態を演出。片手で持つには少々重たく、撮影時は徐々に腕が下がってしまって大変でした。
GMsinister29.jpg
 両腕で抱えるように構えるのもありでしょう。

サイズライフル ACTION
GMsinister21.jpg
 サイズライフルの方が比較的小型で取り回しいは良いでしょう。
GMsinister22.jpg

GMsinister23.jpg
 高速で接近して相手を切り裂きます。
 そして暗闇でブラックライトを当てると…



















GMsinister24.jpg
 ザザン!!
 機体自体にはガイアカラーのEx-蛍光クリアーでトップコートをしてあるので青白く光り、腕部のクローやライフルの刃にはこれまで葬ってきたガンプラの血が染み込んでいるかのように、赤く光ります。

イメージ画像
イメージ
 光のもとでは黒く、闇の中では白い機体。

検討中写真
GMsinister31.jpg
GMsinister32.jpg
 パーツの配置を検討していた時の写真。背景を展開させるのが面倒だったため窓辺で撮影。固定には粘着力の強すぎなマスキングテープと両面テープを使用しています。こうしてみると元のパーツの様子がわかるのではないでしょうか。
 これらを塗装して組み立てると
GMsinister30.jpg
 はい、こうなったわけですね。

 シルエットや形状、塗装などから「禍々しさ」は出せたかと思いますがいかがでしょうか。

 禍々しいかなと思ってテラッテラの艶有仕上げにしましたけど、撮影のときは光が反射してしまってポージングや撮影角度が非常に難しかったです。
 また、ファンの方に頂いた夜光塗料を活かせたのも今回の面白かったところ。そうそうミライトも初めて使ってみました。身の回りには模型用でなくとも様々なマテリアルがあるものなのですね。

 コンテストやコンペなどを見つけて参加すると、製作途中で放置してしまうこともなくちゃんと完成させられます。キットの箱を積みがちな方は、ぜひ一度そういった機会に作品を提出するべく挑戦してみましょう!

・ベアッガイⅢ改 AKA-KABUTO   2014.02.14

テーマ:ガンプラ大好き - ジャンル:趣味・実用
 巷で「可愛い」と評判のガンプラ「ベアッガイⅢ」を改造しました。
「熊」のキャラクターと言えば、リラックマ、くまのプーさん、グルーミィ、くまもんなどなど様々いらっしゃいますが、僕が思いついたのはこちら。
beagguy3_1.jpg
 全身赤い毛で覆われ、右目を失ったあの熊でした。
 全体的に毒々しくしたかったので、黒サーフェイサーで塗装したところからいきなり赤を塗装。二つの赤を使用していたのですが、つや消しでトップコートを施した時に色が馴染んでしまい、その差がちょっとわかりにくくなってしまいました。

beagguy3_2.jpg
 本体は改造ナシのストレート組み。
 手を加えたのは主に頭部で、HGUCのサザビーのビームトマホークのパーツをモヒカンに見立ててみました。

beagguy3_3.jpg
 元のアッガイを知っていると、東部が大きいですね~。

beagguy3_4.jpg
 お尻にはベアッガイⅢのランナーに付いているシッポのパーツが。

beagguy3_5.jpg
 モヒカン基部はメタリックカラーにして強調。ビーム刃は着脱が可能です。

beagguy3_6.jpg
 口は無改造で開閉が可能で、中にビーム砲を隠し持っています。
 右目は一度パテで埋めて、エッチングソーで傷をつけながら、ダメージを負った右目を再現。

beagguy3_7.jpg
「おう! おう! やろうってぇのかい?」

beagguy3_8.jpg
「蹴飛ばすぞコラァ!」

beagguy3_9.jpg
「ケンカキックじゃえ!」

beagguy3_10.jpg
 媚を売るときはこのポーズ。

 組み立てるだけならそれほど時間のかからないベアッガイⅢは、初心者が手にするガンプラとしてはオススメの一品。クマがモチーフというところで、プラモデルに興味をもたれた女性にもオススメいたします。
 部品が少ないだけにアレンジの幅も広く、改造のベースにするのもアリだと思います。



・GREAT GUNDAM BRAVER Mk-Ⅱ   2014.02.13

テーマ:ガンプラ大好き - ジャンル:趣味・実用
GUNDAMBRAVER2_0.jpg
 先日の「GUNDAM BRAVER Mk-Ⅱ」のパワーアップ形態の「GREAT GUNDAM BRAVER Mk-Ⅱ」
 そのパワーアップパーツとなるサポt-トメカ「BRAVE BOMBER」を製作しました。

GUNDAMBRAVER2_29.jpg
 ベースとなっているのはHGユニバースブースター。メインブロックとビーム砲を活かし、1/144HGレイダーガンダムの主翼や1/144HGガンダムハルートのコンテナ状パーツなどを組み合わせています。
 機体上面にはBB戦士爆流頑駄無のドリルパーツを搭載。卒族はネオジム磁石です。
 メインブロックとビーム砲を繋ぐアームはHGビルドブースターに付属するパーツを二セット用意して、メインブロックにポリランナーを差し込めるようにして置き換えてあります。

GUNDAMBRAVER2_30.jpg
 主翼が大きく後ろに伸びた、特異な形状となっています。

GUNDAMBRAVER2_32.jpg
 正面から見るとそれほど違和感のない飛行機に見えます。

GUNDAMBRAVER2_31.jpg
 機体の裏側にはこっそり虎の頭部パーツを抱えています。
 また、ビーム砲から伸びているソードパーツは、月間ホビージャパン2009年10月号の付録「ザンライザー」のキットから流用しています。付録のキットって再入手が困難だからついつい仕舞いこんでしまいますが、やはり使ってあげないとね。

GUNDAMBRAVER2_33.jpg
 ガンダムブレイヴァーへの合体のため、まずはここまで分解します。

GUNDAMBRAVER2_34.jpg
 ユニバースブースターのメインブロックは変形方法を変更し、コクピットブロックがクランク状に移動して収納されます。

GUNDAMBRAVER2_35.jpg
 主翼パーツを前方に回転させます。これで、ブレイヴボンバーの合体準備は完了。

GUNDAMBRAVER2_36.jpg
 ドッキング前に、ガンダムブレイヴァーMk-Ⅱの背面にある機首パーツを左腕に付け直します。

GUNDAMBRAVER2_37.jpg
 右腕にはブレイヴボンバーのドリルを装備。ドリルと腕にネオジム磁石が仕込んであります。

GUNDAMBRAVER2_38.jpg
 両足首にボンバーのメインエンジンブロックを下駄合体。合体にはネオジム磁石を使用。

GUNDAMBRAVER2_39.jpg
 ガンダムブレイヴァーMk-Ⅱの翼を下に下ろします。

GUNDAMBRAVER2_40.jpg
 そして、ガンダムブレイヴァーMk-Ⅱのバックパックに、先ほど変形させたボンバーの本体を合体させます。接続にはネオジム磁石を使用。

GUNDAMBRAVER2_41.jpg
 胸部に虎のヘッドパーツを、これまたネオジム磁石で合体させれば、

GUNDAMBRAVER2_42.jpg
 グレートガンダムブレイヴァーMk-Ⅱの完成となります。
 虎のヘッドパーツはBB戦士大牙頑駄無のパーツから流用しています。このパーツのおかげで普通のモビルスーツとは異なるイメージを持たせることができました。

GUNDAMBRAVER2_43.jpg
 右腕のドリルが見えるサイドビュー。
 なかなかのボリュームですが、なんとか自立させることができます。

GUNDAMBRAVER2_44.jpg
 左腕の機種パーツは打撃に使用したり、防御に使用したり。

 GUNDAMBRAVER2_45.jpg
 もう少し真横に近い写真。背負っているものが大きいです。

GUNDAMBRAVER2_46.jpg
 やや後ろから。
 背中に二本のソードを装備。

GUNDAMBRAVER2_47.jpg
 背後から見ると、翼で描かれている「X」状のシルエットがより強調されます。

GUNDAMBRAVER2_48.jpg
 右腕のドリルギムレットは接近戦において威力を発揮。ドリル部分だけを射出させることもできます。

GUNDAMBRAVER2_49.jpg
 背中のソードを両手に持たせることも可能。

GUNDAMBRAVER2_50.jpg
 必殺、ハレーションバースト!!

GUNDAMBRAVER2_51.jpg
ガンダムブレイヴァーMk-Ⅱの胸部ウイングは真鍮線を軸にして上に大きく跳ね上げることができます。

 今回、接続にネオジム磁石を多用。非常に便利でした。ただ、ここは磁石ではなくポリパーツと軸による接続にすべきだったなと思う箇所もあり、どこにでもネオジム磁石を使えばいいと言うものではないということも考えさせられました。
 今回で結構な量のジャンクパーツを消化。それでもまだ有り余るジャンクパーツで、次回はどんな機体を製作しようか早速、思案開始です。




   
   

・1/144 YGP-G01 GUNDAM BRAVER   2013.12.07

テーマ:ガンプラ大好き - ジャンル:趣味・実用
BRAVER_p0.jpg
「ガンダムビルドファイターズオリジナルモビルスーツ選手権ガンプラコース」に提出するべく製作しました。レギュレーションでガンプラ以外のプラキットは使用できないので、HG1/144ジャスティスガンダムをベースにミキシングビルドしつつ小改造。最終的にカラーリングを統一して仕上げました。

 BRAVER_0.jpg
 素立ち。
 使用したキット(基本的にHG)を見ていきますと、
・頭部/アカツキガンダムの頭部にデュエルガンダムアサルトシュラウドのアンテナを接着。
・胴体/ジャスティスガンダムのセンターブロックのエッジを削り落とし。肩関節はガンダムキュリオスのもの。
・腰部/ジャスティスガンダムのものをベースにビルドストライクガンダムのビーム砲をサイドアーマーとして装備。フロントアーマーには「勇気」の文字をあしらってみました。
・腕部/セイバーガンダムのものをベースに、リ・ガズィのバーニアパーツを肩アーマーに接着。センサーパーツはビルダーズパーツHDのMSサイトレンズを使用。前腕にはスターゲイザーガンダムのそれを接着。前腕との間にはリ・ガズィのバックウェポンシステムのビーム砲基部のパーツを加工したブロックを挟んであります。
・脚部/リ・ガズィのものをそのまま使用。
・バックパック/セイバーガンダムのバックパックを加工したものに、グフイグナイテッドの翼を装備。飛行形態時の機首になるスタビライザーは、GNアーチャーのものを使用。また、翼のバーニアパーツはビルダーズパーツのものに変更してあります。
BRAVER_1.jpg
 本体はスマートですが、バックパックに面積の広い翼と機首パーツを背負っているため、横から見るとそれなりにボリュームがあります。

BRAVER_2.jpg
 機首パーツ内側はプラ板とビルダーズパーツHDのパネルパーツで埋めました。

BRAVER_3.jpg
 翼と腰のビーム砲で放射状のシルエットを持たせています。

BRAVER_4.jpg
 ジャスティスガンダムの胸部上面にある四角い穴はバーニアパーツで隠しました。

BRAVER_5.jpg
BRAVER_6.jpg

 仮に、戦艦のMSデッキの高さがない場合は翼を下にたたむ事も可能。これだけでもシルエットが随分と大人しくなります。

BRAVER_gun0.jpg
 機動性重視の機体のため、主兵装は小回りの利くビームガンを二丁持ち。

BRAVER_gun1.jpg
 ビームガン自体はビルドストライクガンダムの物を二キット分使用。

BRAVER__sord0.jpg
 右腕装甲内にはビームサーベルを内蔵。

BRAVER__sord1.jpg
 ビーム刃および基部はガンダムキュリオスの物を流用。

BRAVER__sord2.jpg
 接近戦用の武器がないと思わせておいて、隠し武器その一として使用します。

BRAVER_shield0.jpg
 左腕装甲の赤いパーツの下にはネオジム磁石を仕込んであり、
BRAVER_shield1.jpg
同じくネオジム磁石を埋め込んだビームシールドパーツ(ストライクフリーダムガンダムより)を装着してシールド発生状態を再現可能。

BRAVER_armgun.jpg
 そのシールド発生器の下にはビームガンが仕込まれています。これまた相手の不意打ち用の武器。

BRAVER_shield3.jpg
 シールドで防ぎながらサーベルを下段に構え。

BRAVER_shield.jpg
 同じく、ビームガンで応戦。

BRAVER_canon.jpg
 本機最大火力のビームキャノンも勿論使用可能。

BRAVER_p2.jpg
 射撃武器を駆使した空中戦を得意とするイメージです。

BRAVER_sholder.jpg
 肩関節は若干ながらスイングが可能。

BRAVER_flyer0.jpg
「~選手権」に提出できる写真は四枚のみだったため、ここから先の飛行形態は未提出。
 基本的な変形機構はセイバーガンダムに準じています。
 ビームガンにはネオジム磁石を内蔵させてあり、肩アーマーに接続します。このビームガンも腰のビーム砲も、飛行形態時での使用が可能となっています。

BRAVER_flyer1.jpg
 リ・ガズィの脚部の変形はリ・ガズィのギミックのまとまりがよかったため、そのまま。

BRAVER_flyer2.jpg
 ジャスティスガンダムのリニューアルキットに付属する補助パーツを使えば飛行形態でのディスプレイも可能です。

BRAVER_flyer3.jpg
 上空へ飛翔!!

BRAVER_flyer4.jpg
 横から見ると、ビーム砲を吊り下げているような機体形状です。

BRAVER_p1.jpg
 カラーリングは空戦を主体としているため青と白を基調としてして配色。各部の黄色や頭部の赤が差し色となっています。
 アニメの色合いを意識し、艶有りでトップコートしています。
「ガンダムビルドファイターズ」のコンテストなので、ベースには1/1ビルドカスタムGPベースを使用。モニタ部分にはこの「GUNDAM BRAVER」の機体スペックを表記してあります。

 そうそう、機体の型式番号と名前の解説ですが、「YGP-G01」は「Y=勇気の、GP=ガンプラ、G01=ガンダムタイプ一号機」という意味で、「GUNDAM BRAVER」はゲームの「ガンダムブレイカー」に語感を似せた上に、自分の名前である「勇気=BRAVE」をかけてつけました。

 この作品は、「何となく元のパーツがわかる」ことを前提にしているので、パーツさえ揃えられれば比較的容易に再現が可能かと思います。
  ミキシングビルドはガンプラでオリジナルの機体を作る上で一番お手軽な改造方法。キットのまま組み立てる事に飽きてきたら、複数のキットの手足を入れ替えるなどして、オリジナルの機体を生み出してみては? 




   

  

«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。