泰勇気の「ギャラリー・ロボットL@VE」

 私、泰勇気の描いたイラストやコレクション(プラモや玩具)を、思い入れと共にご紹介していくブログです。(画像、文章の無断転載は禁止とさせていただきます。)

プロフィール

ロボ勇気

Author:ロボ勇気
 三度の飯よりロボが好き。そんな僕が「作ったり」「買ったり」「描いたり」したロボをご覧頂きたく、ブログギャラリーを始めました。
 リンクフリーです。コメントどしどし募集中です。よろしく!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
TOP > BB戦士

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・RX-78NT-1アレックス   2012.08.09

テーマ:ガンプラ大好き - ジャンル:趣味・実用
 これを組み立てたのは随分と昔で、筆塗り全塗装、スミイレの意味もまだよく理解していなかった時期の作品になります。
SDNT1a.jpg
 設定のみでOVAには登場していないビームライフルやシールドも付属しています。キットにはさらにチョバムアーマーも付属しているのですが、筆塗り時代では各アーマー接続部が塗料で埋まり、アーマーの着脱が容易ではなかったため装備させていません。
 顔の表情が他のガンダムタイプのBB戦士とは少し違うのも個性的です。

SDNT1b.jpg
 本当にスミイレが荒い、荒すぎる!!

SDNT1c.jpg
 ビームサーベルも付属。これで当時300円かそこらでしょ? 本当に遊べるキットだった記憶があります。

スポンサーサイト

・BB戦士 ゲルググ   2012.07.10

テーマ:ガンプラ大好き - ジャンル:趣味・実用
 先日のガンダムと同じく、ジオラマ「テキサスの攻防」用に製作したゲルググ。実はガンダムより手が込んでるかもしれません。
BBgerugugu1.jpg
 ガンダムに負けないくらいのグラデーション塗装。モノアイはラインストーンを貼り付けて質感をアップl。

BBgerugugu5.jpg
 スカートとか脹脛は面積が比較的あるのでグラデーションが効いてますね。

BBgerugugu3.jpg
 シールドはちゃんと手にも持たせられます。

BBgerugugu4.jpg
 ゲルググってバックパックがないんですよね。

BBgerugugu6.jpg
 首は胴体側に穴をあけてポリランナーで接続。へたり防止。

BBgerugugu2.jpg
 肩はLジョイントに置き換えてあるので腕を横に広げることができます。脚の接続もボールジョイントに変更してあるので少しだけポージングができます。

 近々これらのBB戦士が再販されるということで、あのかわいらしいパッケージとコミックワールドを再び手に入れられるチャンス!

・BB戦士ガンダム   2012.07.09

テーマ:ガンプラ大好き - ジャンル:趣味・実用
ジオラマ「テキサスの攻防」用に製作したBB戦士ガンダムをピックアップ!
BBgundam1.jpg
 BB戦士は片手に乗るくらい小さいのでグラデーション塗装は非常に疲れました。
 頭部のメインカメラは後頭部も含めてホイルシールに置き換えました。
 BB戦士のガンダムも数種類発売されていますが、僕はいまだにこのバランスが好きなんですよね。

BBgundam2.jpg
 右手にビームサーベルを握っているので、バックパックの右側のビームサーベルはカット。

BBgundam3.jpg
 肘関節の丸い部分を強調するため市販パーツでディテールアップ。

BBgundam4.jpg
 右手首はジオラマ用に向きを変えて接着。うまく加工して可動式にしたかったな。

BBgundam5.jpg
 足首の接続はボールジョイントに変更してあるので、ジオラマでも棒立ちにはなりません。またGアーマー付属のガンダムを使っているので腰でひねりが入れられます。

 継ぎ目消しと塗装が大変だったかな~。それに比べて最近はBB戦士もパーツ分割がよく考えられていて、組みやすくなりましたね。

・テキサスの攻防   2012.06.22

テーマ:ガンプラ大好き - ジャンル:趣味・実用
 第12回BNプラモコンペにて発表した作品です。毎回コンペのラストに「お題を引いて、次回までに完成させてくる」という催しがあり、第10回で僕が引いたのが「テキサスの攻防」でした。
 第11回で発表予定がスケジュールの都合でコンペに参加できず、第12回での発表となりました。
 また「テキサスの攻防」は過去のコンペからの伝統らしく、僕は四代目(?)。
 情景キット、HGUC、MG、とやりつくされて来ている中、僕が作ったのが、これ。
texisus0.jpg
 BB戦士で「テキサスの攻防」
 これなら手持ちのキットもそろっていたので、積みも解消されて一石二鳥。でもBB戦士をそのまま組み立てても、肩と頭部が回り脚をハの字に広げられる程度。到底ビームサーベルを構えあっているポーズは決められません。そこで、それぞれのキットにもそれなりに手を加えているわけですが、それはまた別の機会に。

 ダイソーで買ってきたコルクボードの上に木粉粘土二袋分をぐにゃ~っとランダムに伸ばし、粘土が固まる前にガンダムとゲルググの足跡をつけます。続いて水で溶いたボンドの中にジオラマ用の砂を混ぜ乾いた粘土の上に塗りたくり、さらにその上から塩を蒔くように手で砂をふりかけ、植木なんかに使われている木の塊を岩石に見立ててボンドで固定。これでベースは完成です。

texisus1.jpg
 反対側から見るとこんな感じで、図らずも色々な角度から見て楽しめるジオラマになりました。まぁまぁそれらしく見えるでしょ?
 ちなみにBB戦士は両方とも黒立ち上げ塗装しています。小さくてもここまで塗れば雰囲気出ますね。
 とうことで今回は簡単に。またBB戦士の解説のときにでも別のアングルのお写真を用意しておきます。次のお題は「アッガイ」と「ハロ(ダメージver)」。さぁてどう作るかな~。その前に、「サンライズラヂオBleeze」で募集している「サンプラ大会」の作品だな!
 それでは。

・BB戦士 陸遜ゼータプラス   2010.02.09

テーマ:ガンプラ大好き - ジャンル:趣味・実用
 個人的に初SD三国伝キットとなった「陸遜ゼータプラス」を作ってみました。
陸孫ゼータプラス
 武者列伝に準じたようなスタイリング。やや頭身の高めなSDです。要所要所にクリアパーツは使われていますが、金メッキは使用されていません。塗装派としてはメッキの上からは塗装が出来ないので嬉しい仕様。
 あるサイトで見つけた陸遜の人形が、塗装の参考になっています。本来の陸遜ゼータプラスはもっと「白」が基調となっている配色。全体的に少し暗めで落ち着いた雰囲気にしました。少し寂しく感じたので、胸部と足首に携帯電話用ジュエルシールを追加しました。さりげないけど効果的かな。

陸孫ゼータプラス軽装前
 右手首の甲と、左拳の後ろ側に肉抜き穴があったので、ポリパテで埋めました。可動部分には全てポリキャップが採用されています。動かし易さとポーズの保持力は高いですよ。

陸孫ゼータプラス軽装後
 背面はこんな感じ。バックパックにはゼータプラスの意匠が色濃く残っています。兜の尻尾パーツは全体を丸く、先端を鋭く削りこみました。

陸孫ゼータプラス槍構え
 燕戟・宝旋霞(えんげき・ほうせんか)という武器を構えたところ。この武器のクリアパーツにはパーティングラインが。サンドペーパーで削ってパーティングラインを消し、2000番まで磨いたあとにコンパウンドでも磨きました。写真だとあまりわかないけど。

陸孫ゼータプラス槍合体
 燕戟・宝旋霞と飛燕盾(ひえんじん)を合体させて燕戟・宝旋霞 両刃形態(えんげき・ほうせんか りょうじんけいたい)にすることも可能です。飛燕盾の尻尾部分も鋭く削り込んであります。
 キットはこの飛燕盾と両肩のクリアパーツ、バックパックの翼を合体させて、サポートメカ跳燕機(ちょうえんき)にすることもできます。

陸孫ゼータプラス飛行形態前
 陸遜ゼータプラスに燕戟・宝旋霞と飛燕盾を合体させて、燕迅形態へと変形。本家ゼータプラスのギミックには程遠いですが、ウェーブライダーにも似た飛行形態にもなれます。

陸孫ゼータプラス飛行形態後
 つま先にも肉抜き穴があったので、ポリパテで埋めました。

 キット付属のコミックなどでは目立った活躍が見られない陸遜ゼータプラス。暗めの基本色とゴールドとのコントラストで多少は貫禄がでましたでしょうか。今回一番疲れたのは全身の金色の装飾部分。細いところは面相筆を使って筆塗りしました。
 この陸遜ゼータプラスは、あるコンテストに向けて製作したもの。締め切り、目標を持ってプラモデルを作るって、本当にいいもんですね。どうにかこうにか形にせざるを得ないわけですから、中だるみしないで済みます。


«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。