泰勇気の「ギャラリー・ロボットL@VE」

 私、泰勇気の描いたイラストやコレクション(プラモや玩具)を、思い入れと共にご紹介していくブログです。(画像、文章の無断転載は禁止とさせていただきます。)

プロフィール

ロボ勇気

Author:ロボ勇気
 三度の飯よりロボが好き。そんな僕が「作ったり」「買ったり」「描いたり」したロボをご覧頂きたく、ブログギャラリーを始めました。
 リンクフリーです。コメントどしどし募集中です。よろしく!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
TOP > プラモデル

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・ノンスケール ネオ・グランゾン   2016.02.18

 コトブキヤさんより発売されたノンスケールプラスチックキット「ネオ・グランゾン」
「スーパーロボット大戦」シリーズのファンならばご存知の、敵にすると脅威、味方にすると頼りになるロボットです。
neogranzon0.jpg
 スタイルはキットのまま、後ハメ加工して継ぎ目を極力消し、金属ではない未知の素材と解釈して塗装を施してみました。

neogranzon1.jpg
 ボリュームのある全体像。肩や脹脛などの突起が神々しくも凶悪な印象です。

neogranzon2.jpg
 ボリュームはあるのですが、真横から見ると意外なほどに薄いんです。

neogranzon3.jpg
 背中の「ハリオン創出ヘイロウが目立つ後姿。ネオ・グランゾンの特徴でもあります。

neogranzon5.jpg
 真後ろから見ると尚のこと「バリオン創出ヘイロウ」の存在感が強いです。

neogranzon6.jpg
 頭部は細かくパーツわけがされており目立つ継ぎ目はありません。トゲトゲしてて気を付けないと破損してしまうので、組み立てには注意が必要です。イケメンですな。

neogranzon10.jpg
 僕はこの上腕部分のみ後ハメ加工ができずに、パーツの分割線をモールドとして処理しました。継ぎ目が消せなかったのはここくらいです。

neogranzon7.jpg
 ひざ関節周辺のモールドもとても細かく、隙がありません。

neogranzon16.jpg
 デザインの都合からか、膝はこのくらいまでしか曲げることができません。ただ、ネオ・グランゾンに格闘戦のようなポーズをとらせることもないので、十分でしょうか。

neogranzon4.jpg
 全身の青い部分はこのようにまだらというか模様というか、真綿を使ったマスキングを利用して塗装をし、神秘的なイメージにしました。

neogranzon8.jpg
 とはいえ、両手用の拳が付属しているので正拳突きをさせてみたり。

neogranzon15.jpg
 平手のパーツへの差し替えも可能なので、さまざまな表情のポーズを付けることも可能です。

neogranzon9.jpg
 胸部の縮退砲の展開ギミックも再現されています。塗装をする際はすり合わせをしたほうが良い箇所です。

neogranzon13.jpg
 中にはみっちりとモールドが!

neogranzon11.jpg
 ゲームの中だとこんなアングルでしたっけ。

neogranzon20.jpg
 前腕部のクリアパーツの下にグリーンのメタリックシールを貼り付けてみました。

neogranzon14.jpg
 グランワームソードも付属。宝玉部分を100均のジュエルシールに交換してあります。

neogranzon19.jpg
 ボリュームのある剣ですが、刀身は意外と薄いです。

neogranzon17.jpg
 バリオン創出ヘイロウは簡単に取り外しが可能。ゲーム中では決して見られない後姿です。

neogranzon18.jpg
 背中のスラスター的な部分にはゴールドのメタルシールを貼って、通常兵器のスラスターとは違った印象にしてみました。

neogranzon21.jpg
 箱が大きいので組み立てるのが大変かなと敬遠していたのですが、手を動かしてしまえはあら不思議、
サクサクと組み立ては進み、ほとんどストレスなく完成させることができました。
 ネオ・グランゾン。恐くないですよ!
スポンサーサイト

・アオシマ ミニ合体 ブーメラン   2015.02.02

 双葉社さんより発売の「アウトサイダー・プラモデル・アートーアオシマ文化教材社の異常な創造力ー」では体後の姿のみ掲載されていたミニ合体ブーメラン。実はあの塗装済みブーメランをはじめ、ミニ合体マッハバロン、など合計8セットのミニ合体プラモを製作したのは僕だったりします。
 知人からの紹介で、プラモ好きである僕に依頼がやってきました。30年~40年前のプラモデル。しかも物によっては再販されることもなく金型も処分され、現在では入手困難でオークションで見かけることも少なく高額で取引されているシリーズ。それを組み立てられる機会なんてそうはないと思い、引き受けました。
 さて、今回はその中からミニ合体ブーメランの分離形態の写真(吉野正裕氏)とともに、軽く製作の思い出を語っていきたいと思います。

・A1号 ミニタービンマシン
IMG_4562.jpg IMG_4563.jpg
 ミニ合体ブーメランのエンジンを装備しているマシン。なのでエンジンを合体で使われてしまったら動力はどうなるのか気になります。
 どことなくポルシェっぽいのかなとも思いましたが、全体で見るとしっかりとオリジナルのマシンに見えます。という人はどこに乗り込むのでしょう。リアウイング基部のブロックがコクピット?

・A2号 ミニシールドマシン
IMG_4564.jpg IMG_4565.jpg
 ミニ合体ブーメランのフロント部分を搭載したマシン。車体の前後で赤と青に塗り分けられた二個一感を除けば 比較的自動車として成立した姿です。
 ウインドウ、リトラクタブルライトはラピーテープを貼って表現しています。

・A3号 ミニサーボマシン
IMG_4566.jpg IMG_4567.jpg
 ミニ合体ブーメランの運転席部分を担うマシン。蛙のようなフロント部分の表情が印象的。運転席の後ろはむき出しで、とってつけたようなリアパーツが切ないです。でも左ハンドルが表現されてたりします。

・A4号 ミニカーゴマシン
IMG_4568.jpg IMG_4569.jpg
 ミニ合体ブーメランのリア部分を司るマシン。リアパーツの中は空洞になっていて、ブーメランへの合体時にはA1号のエンジンブロックを搭載するようになっています。
 それにしても特異な形状のフロントパーツで、どことなく虫っぽくも感じます。フロントタイヤがとても小さいのでなおさらです。

・ミニ合体ブーメラン
IMG_4579.jpg IMG_4582.jpg
IMG_4583.jpg IMG_4584.jpg
 ミニ合体ブーメランの合体状態。各マシンの赤い部位とエンジンが合体して完成します。
 前後に長く、平面的なデザインが当時のスーパーカーのトレンドを思わせます。
 本誌では合体状態後ろからの写真は掲載されておりません(フロントからの写真もエンジンルームのボンネットが浮いてしまっていたり…)。

 ミニ合体ブーメランで使用した主な塗料はこちらです。
赤・ブライトレッド(ガイアカラー)
蒼・風蒼(ガイアカラー)
黄色・サンシャインイエロー(ガイアカラー)
白・エクストラホワイト(ガイアカラー)
タイヤ・サフエヴォ黒(ガイアカラー)

 パーツ数は大したことありませんが、現代のプラモと比べてパーツの精度が高くは無いのでその摺合せが大変でした。
プライベートで作るなら、合体部分はネオジム磁石を使っているところですが、今回はあくまでキットのままというお仕事だったので接続部分の調整のために金属やすりでガシガシ削ったりプラ板で調整したり、非常に手ごたえのあるプラモでした。
 ミニ合体シリーズ、また作ってみたいです。
 次回はミニ合体カウンタックについて、の予定です。
 それまでこちらでも読んでお待ちください。


・ソルティックH8 ラウンドフェイサー・スナイパー その2   2014.10.06

solticbasutoappu.jpg
 前回は追加したマントのためにラウンドフェイサー本体がほとんど見えなかったため、こちらではマントを外した状態でご紹介させていただきます。
 ドライブラシや砂のウェザリングは今回が初めてなので、色々と突っ込みどころがあるかもしれません。

・マントなし正面
soltic正面
 全体的なプロポーションに変更はありません。元のキットのままで申し分のないラウンドフェイサーに組みあがります。
 ボディの成型色は主に濃いグリーンで、ガイアノーツさんからも推奨のカラーが発売されております。ですが今回は荒野にに溶け込むカラーリングにするために、胸部などはGSIクレオスさんのブラウンFS30219を使用。太腿などはガイアノーツさんのダグラムカラーCB-09 ライトブラウン、を使用しています。

・マントなし背
soltic背 soltic背右
 背中にはロケットポッドを搭載するジョイントがありますが、この機体の任務的には不要と判断して装備させませんでした。

頭部
solticbasutoappu.jpg
 頭部のパイプパーツはキットのものは使わずに、市販のパイプの中にガイドとなるアルミ線を通したものに置き換えました。
 胸元はマントのチェーンが擦れると思うのでタミヤさんのエナメルカラーシルバーで塗装剥げを表現しています。

コクピット
solticコクピット1
 コクピットの中もパイロットも塗装してあります。任務に実直で口数も少なく、視力も高いベテランパイロットさんです。
solticコクピット2
 コクピット正面のコンソールはキットのデカールを使用。キャノピーは裏側からガイアノーツさんのクリアブラックを塗装して、スモークガラスのようにしてあります。

右肩シールド
soltic追加タンク1
 右肩シールドの裏には、長時間の待機任務に備えて水の入ったジェリ缶を設置。ジェリ缶はハセガワさんの1/72野営セットの物を使用。固定具はプラ版で再現しました。
soltic汚し右肩
 シールドの表側にはシルバーでドライブラシを施し塗装剥げを表現。やりすぎてもうるさいし少なくてもつまらないし、考えながら作業するのが楽しかったです。

・左肩シールド
soltic追加パネル
 左肩のシールド裏もそのままでは寂しかったのでパネルパーツを追加しました。
soltic汚し左肩
 左肩シールドも右側と同様に、様子を見ながらドライブラシ。「11」は個人的に好きな番号です。

右前腕
soltic汚し右腕
 ライフルを取り扱うということを考えて、手首と前腕部装甲には少し派手目にドライブラシを施しています。

・チェーンガン
solticチェーンガン

 両腕の装甲の下には真鍮パイプでチェーンガンを再現。

左前腕
soltic汚し左腕
 右腕よりは控えめなドライブラシ。

腰部、追加ジェリ缶
soltic追加タンク2
 腰右側にもジェリ缶を追加。固定具はプラ版で作成。

太腿周辺
soltic汚し左太もも
 太腿はフロントスカートがしょっちゅうぶつかると想定してドライブラシ。

腰部装甲
solticスカート裏2 solticスカート裏1
 腰のアーマー裏もディテールが少なかったので市販パーツでデコレーションしました。

右足
soltic汚し右足
 足首の砂汚れは主に100円均一のファンデーションを砕いたものを、アクリル溶剤に浸した筆で拾って擦りつけて固定。本物の砂やジオラマ用の砂では粒の大きさがスケール的に大きすぎて不自然なので、このくらい細かい粒子のほうが相性が良いみたいです。

左足
soltic汚し左足
 足首は脛の装甲が擦れることもあると思うので、そのあたりも考えながら塗装剥げを再現。

 ここからは汚しを施す前の一部の写真になります。
soltic未塗装1
 基本塗装を施し、GSIクレオスさんのチップコートつや消しでコーティング。

soltic未塗装2
 各部もまだまだきれいです。
soltic未塗装3

soltic試作マント
 マントは一度施策していましたが、目の大きさがあまりにもスケール感に合わないので作り直しました。

 次回は、このラウンドフェイサーを持って屋外での撮影を行いましたので、その模様をお届けしたいと思います。
 ご覧いただきましてありがとうございました。

 ではでは。

・ソルティックH8 ラウンドフェイサー・スナイパー その1   2014.10.01

テーマ:プラモ・模型 - ジャンル:サブカル Tag [その他プラモ]
solticロケ7
 月刊モデルグラフィックス×マックスファクトリー共同企画「ラウンドフェイサーミーティング」に向けて、初めてコンバットアーマーを組み立てました。
「太陽の牙ダグラム」本編は子供の頃に「ロボットアニメだな」という程度の認識で視聴していたに過ぎず、今回はラウンドフェイサーを仮組した時の第一印象で、「スナイパーライフル」と「マント」を装備させることにしました。
 ウェザリングは初めてで、どうやったらいいのか・どこまでやったらいいのか手さぐり状態で施してみましたが、どのように汚れるのかなどを考えていると、この機体の物語みたいなものまで見えてきて面白かったです。

マント装備正面
solticマント正面
 マントはHG1/100ガンダムサンドロックのマントをカットしたり100均のファンデーションやGSIクレオスさんのウェザリングパステルを使用して汚し、ふちははさみで切りこみを入れて金属やすりの目詰まりをとる金属の刷毛みたいな道具でブラッシングして痛めつけました。

・マント装備左側面
solticマント左
 主にマントで隠れる側です。 
 マントの上端からシールドが少し飛び出すのがポイントです。

・マント装備右側面
solticマント右
 ライフルを持っている方は取り回しをを考えてマントに覆われていません。
 ライフルはコトブキヤさんの「モデリングサポートグッズ ウェポンユニットMW09 薙刀・スナイパーライフル」のライフルをベースにストック部分はザクマシンガンの物を移植。グリップはラウンドフェイサーのキット付属の武器から移植しました。

・マント装備背面
solticマント背
 長距離狙撃を主任務としているため、ロケットポッドは装備させていません。マントで背中はほとんど隠れてしまっています。

・射撃
soltic構え撃ち
 両手で構えての射撃。
soltic横撃ち
 片手での射撃。コンバットアーマーは顔がコクピットになっているぶん、目線や顔の表情での芝居が苦手ですが、それが逆にクールな印象になっているような気がします。

 次回はマントなしの写真と細かい改造箇所について、語っていきたいと思います。
 
 ご覧いただきましてありがとうございました!
 ではでは。


  

YGP-G03 GUNDAM BRAVER Mk-Ⅲ   2014.05.16

BRAVER3_0.jpg
 2014年4月27日まで行われていた「第6回アソビットシティプラモデルコンテスト ビルドファイターズ編~俺のガンプラ最強伝説~」に参加すべくガンプラを一体、組み上げました!!
 ただし、コンテストの存在を知ったのが締切の二日前であったため、およそ36時間しか作業が出来ず、限られた時間で最後まで形にするという貴重な経験をしました。

FRONT
BRAVER3_1.jpg
 ガンプラのパーツによるミキシングビルドで、作業時間との兼ね合いから流用したパーツの形状はほとんど加工せずに使用しております。

俯瞰
BRAVER3_2.jpg
 宇宙世紀、西暦、コズミックイラ、アフターウォー、様々な世界観からの流用でも塗装で統一感を出せばそこそこまとまって見えます。

SIDE
BRAVER3_3.jpg
 コンテスト用ということもあり、派手にポーズが決められる「翼付き」の機体にしました。カラーリングはもう少し凝りたかったのですが、塗装前の状態を心の目で見て浮かんできた色を思いのままに塗りました。一か八かです!!

REAR
BRAVER3_4.jpg
 印象的なバックパックなので、背後から見るとストライクノワールの面影が見えます。

FRONT(装備なし)
BRAVER3_5.jpg
 武器を外したところ。どこに何のパーツが使われているのかがよくわかる一枚です、

REAR(装備なし)
BRAVER3_6.jpg
 装備を外しても後ろからの姿はそれほど変わりませんね。

頭部~胸部
BRAVER3_7.jpg

 頭部はアカツキの物にビルダーズパーツHD MSブレードのアンテナを組み合わせました。アカツキのこの耳が好きなんです。
 胸部はストライクノワール。腕部はガンダムキュリオスをチョイス。肩のボールジョイントがちょうどはまりました。

腕部・腰部
BRAVER3_8.jpg
 キュリオスの左右の腕の丸い部分にネオジム磁石をはめ込んで、シールドやビームライフルを接続できるようにしてあります。
 腰はインフィニットジャスティスガンダムの物。近接武器に乏しかったので、ビームサーベルをマウントできるビルドストライクのサイドスカートを流用しました。変形の都合でここのパーツは薄く抑えておきたかったので、一石二鳥でした。

腹部
BRAVER3_9.jpg
 配色はほぼパーツ単位で済むようにしています。コクピットハッチだけは塗り分けでピンクに。

脚部
BRAVER3_11.jpg
 脚部はセイバーガンダムを基にして、両足外側に1/100ダギ・イルスの脚部のパーツを増加装甲として追加。隙間が生じるので一度ダギ・イルスのパーツにエポパテを盛り付けて、セイバーの足に押し付けて硬化させ、硬化後にセイバーからはがし取り、はみだしたエポパテを削り落として再び接着しました。
 バーニアはビルダーズパーツHD 1/144 MSバーニアからチョイス。やはりバーニアが飛び出していた方が高機動型だということがわかりやすくなります。

BEAM RIFLE
 BRAVER3_12.jpg
 ビームライフルはビルドブースターMk-2のパーツを組み合わせて製作。腕の横に接続して持つというバーザムのそれのようにしてみました。これは通常のライフルのグリップだと、変形させてシールドと接続させるときにグリップを収納しなくてはならなくなり、その可動部の細工と塗装の工程に手間がかかってしまいそうだったので、グリップを収納しなくてもそれほどおかしくならない形はないものかと考えた結果でした。
BRAVER3_13.jpg

SHIELD
BRAVER3_14.jpg
 シールドはご覧のとおりガンダムエアマスターバーストの背中のパーツを流用。一部カットし裏面をプラ版などで隠したのみで、大きな改造はしていません。

POSE
BRAVER3_15.jpg
 地上でライフルを使用している時のイメージです。
BRAVER3_16.jpg
 ですが、やはり翼のある機体は空を飛ばした方が似合います。
BRAVER3_17.jpg

BRAVER3_19.jpg
 シールドとライフルはこのように組み合わせることも可能。

MA MODE
BRAVER3_20.jpg
 MA形態への変形は、ガンダムキュリオス+ウイングガンダム+セイバーガンダム÷3といった感じ。平成になって生まれたこの変形方法は汎用性が高くて便利!

MA FRONT
BRAVER3_21.jpg
 割と薄くてシャープにまとまりました。MA形態時にもビームライフルの発射は可能です。

MA SIDE
BRAVER3_22.jpg
 垂直尾翼もあるし、戦闘機らしく見えますでしょうか。

MA 後方俯瞰
BRAVER3_23.jpg
 このウイングに揚力が発生させられるのかは置いておきましょう。

MA REAR
BRAVER3_24.jpg

BRAVER3_25.jpg

BRAVER3_26.jpg
 ノワールストライカーのソードユニットの柄の部分にピンバイスで穴を彫り、ビームガンとしました。レールガンは元々フレキシブルに動くので、飛行形態でも広い射角を持つ砲台として機能します。

BRAVER3_27.jpg
 火力と機動力を兼ね備えるというコンセプトとしてはうまくまとめられたように思います。

 ちなみにコンテストの結果は・・・
kekka.jpg
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。