泰勇気の「ギャラリー・ロボットL@VE」

 私、泰勇気の描いたイラストやコレクション(プラモや玩具)を、思い入れと共にご紹介していくブログです。(画像、文章の無断転載は禁止とさせていただきます。)

プロフィール

ロボ勇気

Author:ロボ勇気
 三度の飯よりロボが好き。そんな僕が「作ったり」「買ったり」「描いたり」したロボをご覧頂きたく、ブログギャラリーを始めました。
 リンクフリーです。コメントどしどし募集中です。よろしく!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
TOP > 未分類

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「やりたいことから引ける!ガンプラテクニックバイブル」   2016.02.15

ガンプラテクニックバイブル1
 今回はお世話になtっているモデラーさんである小西和行さん、戸ヶ崎葎さんらにより昨年11月から売れに売れている、プラモデルのHOW TO本

「やりたいことから引ける!ガンプラテクニックバイブル」
をご紹介。
 タイトルの通りこちらの本は、特に「ガンプラ」をかっこよく仕上げていくための様々な方法や工作の仕方がぎっしりと詰まっています。
たとえば汚し!
ガンプラテクニックバイブル2
「汚し」一つとっても、さまざまなアプローチの仕方、アイデアの出し方などがそれぞれわかりやすい言葉とアニメ「ガンダム」の画像などをヒントに解説されています。漠然と「汚したい」と思っていても、どう汚したらいいのか、何を使えばいいのかがわからずに手が出せないような人も多いはず。この本にはその手がかりがひとつひとつ載っていて、自分のやってみたかったことに合ったテクニックを探すことができます。
ガンプラテクニックバイブル3
 汚しに限らず「塗装」という分野においても、細かくわかりやすくページに飛べるように構成されています。全部を見せたいところですが、そこはお手に取ってみていただいて。
ガンプラテクニックバイブル4
ガンプラテクニックバイブル5
 こちらはどう汚すかをプランニングしてみたり、そのプランを実際に再現してみたという画像。
 今回は「汚し」の項目を例にご紹介してみましたが、このようにとにかくわかりやすく丁寧に案内してくれます。

 塗装だけではなく、モールドの掘り方、ミキシングビルトなど、ガンプラの組み立てから果ては展示や保管方法まで、ガンプラのスタートから完成後までをぬかりなく大ボリューム、OVER260ページ、オールフルカラーで読むことのできるこちらの一冊。フルカラーで260ページって、きっとものすごく価格が高いのではないかと思いきや! これだけのボリュームで本体価格1600円というお求めやすさ。初心者のみならず、一歩二歩ガンプラテクニックに磨きをかけたい人には一度読んでみていただきたい。

 自分も、参考にさせていただきます!


スポンサーサイト

・光学情報兵リフレクター(カメラロボ)   2014.03.31

 アニメ「戦え! 超ロボット生命体トランスフォーマー」ではリフレクターという名前のデストロン兵士として登場。ただし、僕が所有しているのは1983年発売の「ミクロマン・ミクロチエンジ」シリーズMC-05カメラロボです。

「カメラ」としての特徴がよく表現されているカメラモード。シャッターにはスプリングが仕込まれており、押すとちゃんと「カチャ!」という手応えがあります。

Reflector2.jpg
 後ろから見るとファインダーがあります。このファインダーを覗くとちゃんとカメラのレンズ部分から見た時の風景が見えるようになっています。

Reflector3.jpg
 このカメラ、三体のロボットが変形合体して完成しているので、ロボットにするためには三分割します。

Reflector4.jpg
 まずは中央部分。ビューファインダーのトランスフォーム。

Reflector5.jpg
 レンズパーツを外します。

Reflector6.jpg
 後ろに折りたたまれていた脚部を下方に展開します。

Reflector7.jpg
 中央、上部分を真ん中から左右にスライドさせると中から頭部が現れます。

Reflector8.jpg
 この状態でもファインダーを覗くことは可能です。

Reflector9.jpg
 武器を持たせることが可能。

Reflector10.jpg
 また武器にはレンズパーツを合体させることも可能です。

Reflector11.jpg
 変形の恩恵もあり、脚部の可動はなかなか充実しています。

Reflector12.jpg
 シャッターのある部分はスペクトロさん。

Reflector13.jpg
 ロボットモード時の正面から見ると、シンプルな変形パターンが読み取れます。

Reflector14.jpg
 後ろに折りたたんでいた脚部を下方へ展開して立たせます。

Reflector16.jpg
 腕を横に開けばトランスフォーム完了。

Reflector15.jpg
 背中は真っ平らで超シンプル。

Reflector17.jpg
 こちらも変形パターンの恩恵で脚部の可動がそこそこ。

Reflector18.jpg
 ストロボが付いている部分のキャラクターはスパイグラス。ストロボからはミサイルが発射できます。

トランスフォーム!
Reflector19.jpg
 ストロボパーツを取り外して頭部が出現。

Reflector20.jpg
 腹部側に収まっている両足を下方に展開。

Reflector21.jpg
 両腕を定位置に展開してトランスフォーム完了。

Reflector23.jpg
 ほかの二体に比べて本体にギミックが無いからか、武器は二つ持っています。

Reflector24.jpg
 もうひとつの武器。

Reflector25.jpg
 変形の都合で膝は逆関節にしか曲がらないため、脚部の可動にはある程度制限があります。

Reflector26.jpg
 アニメ劇中では三人ともほとんど同じ形状の姿をしていましたが、実物は全く違います。

Reflector27.jpg
 カメラモードを手に持ってみるとこんな感じに。小さいけどトイカメラみたいな可愛らしさがありつつもしっかりとカメラらしさを感じさせてくれるのはさすがですね。

エアテックス スプレーブース ブラックホール ツインファン SPB-03   2012.06.06

テーマ:プラモ・模型 - ジャンル:サブカル
 今回はいつも僕が使っている塗装ブースをご紹介。色々悩み、先輩モデラーさんにも相談に乗っていただいた末、この塗装ブースをチョイス。これを導入したことによって室内での塗装も可能となったため、プラモの製作ペースはあがりました。(完成品が中々ブログにアップされないのは、単純に僕の手が遅いだけです…。)
 以下、レビューを添えてみました。安い物ではないので、自身のプラモ製作頻度なども考えて、購入検討のお手伝いができれば幸いです。

プラモ大好き声優のプラトーーク!!   2011.06.11

テーマ:プラモ・模型 - ジャンル:サブカル
イベント『プラモ大好き声優のプラトーーク!!』

模型誌にMGサザビーが掲載され、プラモデル界に衝撃を与えた声優・池澤春菜さん。自他共に認めるプラモ好き声優・泰勇気、そしてストリームベースのメンバーだった川口名人こと川口克己さん、フィギュアの原型師TOMOさんであり、モーターヘッドのガレージキット原型などを手掛ける新井智之さんという、名だたるモデラーさん達を迎えお送りするトークイベント。

お昼ご飯を食べながら、もしくは昼からビールでも飲みながら語り合いましょう!!

会場にはプラモデルの完成品の展示も予定。中々普段見られない「他人が作ったプラモデル」はきっと刺激になるはず。

プラモデル歴の長い方も、これからプラモデルに挑戦しようと思っている方も、是非とも足を運んでみてください。

プレゼント抽選会もやるよ!!!

また、出演者やプラモデルに関する素朴な疑問、メッセージも募集。「エポパテとポリパテの使いどころの違いは?」「なんでガンプラは1/144、1/100、1/60スケールが多いの?」など、いまさら人に聞けないような質問もどしどしお寄せください。

メールはpratalk0@gmail.comまで。

OPEN12:00 / START12:30
前売¥2,500/当日¥2,800(飲食代別、飲食2オーダー目より、抽選券を配布)
【出演】
池澤春菜
川口克己
泰勇気
TOMO(新井智之)

前売りチケットはNAKED LOFTのウェブ&電話予約03-3205-1556にて6/2先行発売!!
ローソンチケット【Lコード:31575】
にて受付中

入場順 ウェブ予約→電話予約→ローソンチケットの順番ですよろしくお願いします。

まってま~~~~す!!
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。